KAIキッチン用品・美容用品販売の貝印株式会社

ホーム >  知る・楽しむ >  iFIT(アイフィット)でヒゲを剃ろう!

剃り面(MEN)、刈り面(MEN)になってモテよう!!iFIT(アイフィット)でヒゲを剃ろう!男性美容研究家 藤村 岳(ふじむら がく)

iFIT(アイフィット)商品情報はこちら

剃り面(MEN)、刈り面(MEN)ってなに?

今、男性のヒゲのトレンドは、剃り面(MEN)、刈り面(MEN)の2極化時代!

ヒゲ剃りは男性のスキンケアの原点ともいえる行為。実はこれがきちんとできさえすれば、男性の肌は劇的に変化するといっても過言ではない。近年、男性の美容への意識が確実に高まっている。

そこで男性の肌に関する悩みとして真っ先にあがってくるのがヒゲ剃りにまつわることだ。最近の傾向として手触りのよいツルツル肌を目指す人と、おしゃれやコンプレックスを解消する手段としてヒゲを生やす人の2つの傾向が見られる。ヒゲを生やすことに対して女性や社会全体の支持も得られるようになり、興味深い様相を呈している。

女性200人に調査:あなたは、次の男性のうち好感が持てそうだと思うのは、どれですか

剃り面(MEN)

ヒゲのない、きれいな肌の男性:69.4%

アンケートから、何よりも清潔感があるのは「ヒゲのない、きれいな肌の男性」という結果が出た。ここで注目すべきは2つ。まずは、「ヒゲがない」という部分。若い世代ではヒゲ自体が薄い人が増えているようだが、これは体質によるもの。つまりはヒゲをきちんと剃った状態といえる。そしてもう一つ注目したいのは「きれいな肌」という部分。これはヒゲを剃った後にスキンケアを行い、健康でなめらかな肌をキープしているということを表している。

このような男性を「剃り面(MEN)」と名付けた。キメが細かく、思わず触れたくなるようなツル肌が大人気。下に掲げたような若手俳優などが好まれる最近の傾向とも合致する。肌がきれいであることは異性を惹きつけるわかりやすいアイコンだ。

女性200人に調査!【「頬ずり」したいタレントランキング】1位:向井理 2位:岡田将生 3位:小池徹平

VS

刈り面(MEN)

手入れされた、おしゃれなヒゲの男性:27.7%

一方、ワイルドで、適度なセクシーさを持ったヒゲスタイルが約3割もの女性に支持されている。この場合、重要なポイントが「手入れされた、おしゃれな」という部分。いわゆる無精ヒゲではだらしない感じがして、女性には敬遠されがち。例外的にイチロー選手などは計算の上、無精ヒゲ風にみせているので好感度は下がらない。かといって、作り込みすぎたデザインのヒゲも“がんばっている感”が強すぎて好印象ともいえないようだ。女性の観察眼は非常に鋭いので、そのあたりは見抜かれそうだ。

そして、このような需要を受けて巧みに演出している「刈り面(MEN)」と呼ばれる男性も急増している。社会的にヒゲに対して寛容になってきた背景も後押しして、ヒゲを洋服やアクセサリーの感覚で上手にスタイルへと取り込んでいる。言わば、男性版のメイクといったところだろうか。

女性200人に調査!【ヒゲを触ってみたいタレントランキング】1位:竹野内豊 2位:オダギリジョー 3位:阿部寛

モテるシェービングのポイントは、メリハリにあり!!

藤村岳 指南!剃り面(MEN)、刈り面(MEN)の作り方

爽やか 剃り面(MEN)を目指す!!

機能
iFIT(アイフィット)は今主流の5枚刃を採用。刃が多いと圧力が分散するので肌への負担がかかりにくく、しかも一気に剃ることができる。洗顔や蒸しタオルなどで、十分にヒゲに水分を含ませた後、頬→アゴ下→口周りの順に剃るのが正しい方法だ。
性能
iFIT(アイフィット)は超・硬刃技術「PINK」に加え、フッ素樹脂コーティングによりソフトな切れ味を実現する「NCAT」技術も採用。つまり「よく剃れる」と「肌への負担が少なく、さらに時短にもなる」が可能に。ツルツル肌を目指すには必須の性能だ。
適したプレシェーブ剤

オイル・フォーム

iFIT(アイフィット)と一緒に使うなら、剃り味がさらによくなるプレシェーブ剤はオイルやフォームがオススメ。肌とカミソリの間で摩擦を少なくしてくれる。特にツル肌を目指す「剃り面(MEN)」はプロの間で人気だったシェービングオイルを使う人が増えている。

ワイルド 刈り面(MEN)を目指す!!

機能
ヒゲを残してデザインするには小回りがきくことが重要だ。iFIT(アイフィット)ならヘッドの部分が上下左右へと、柔軟に動いてくれるので、肌にしっかりと密着して剃りやすさもバツグン。しかもグリップ感が非常によいので、アゴ下やもみあげのライン作りにも適している。
性能
iFIT(アイフィット)の5枚刃は1.4mmの極小幅の刃が階段形状に並んでいるので、すすいだときにヒゲが目詰まりしにくいのが特徴。細かい作業が必要となる「刈り面(MEN)」のヒゲ剃りで、これは非常に重要なこと。剃りにくい部分もスムーズに、しかも確実に剃ることができる。
適したプレシェーブ剤

クリーム・ジェル

そんな「刈り面(MEN)」に適しているプレシェーブ剤は、視認性に優れたジェルやクリーム。これらは液だれすることなく肌に留まり、細心の注意が必要なヒゲのデザインには欠かせない。また、保湿成分を含んでいるものも多く、肌に優しいのも◎だ。

シェービングのウソ!?ホント!?

ヒゲを剃る時は洗顔前がよい?後がよい?
ウエットシェービングの場合、洗顔後に剃る方がベター。というのもヒゲは同径の銅線くらいの硬さがあるから。
ヒゲに水分を含ませてやわらかくし、毛穴を開かせておくと良い。
ヒゲを剃ると濃くなるってホント?
諸説あるようだが年齢や食生活による影響が大きいようだ。
ただし、ヒゲに一定以上の刺激が与えられ続けると毛の太さが太くなるという説もある。
薄いヒゲは抜いてもいいの?
ヒゲを無理に抜くと毛根に刺激が伝わって、炎症が起きたり、
次に生えてくるヒゲが曲がったりちぢれたりすることもあるとか。肌に負担がかかるので避けよう。
カミソリってずっと使ってもいいの?
摩耗した古い刃では剃り味が落ちて、肌にカミソリ押しつけないとうまく剃れない。
つまり刃は新しいほどよく剃れ、肌への負担も少なくなる。
刃は常に新しいものに替えよう。