2017/06/07~06/27

伊勢丹キッチンステージで

毎年大人気の賛否両論。ピューレにしたふわふわ玉葱をしいて新牛蒡の塩きんぴらをのせた“和牛のすき煮”など、定番料理も驚きの技とアイデアで新しい美味に大変身!ご家庭でも作っていただきたい魅力的なメニューの数々でみなさまをお待ちしております。梅雨の鬱陶しい日も初夏の気持ちの良い日も、美味しくて楽しくてカッコいい笠原 将弘シェフの和食で元気をいただきましょう。

賛否両論

賛否両論

住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-14-4 大田ビル1F
電話:03-3440-5572


高級食材は普通に家で食べるのが一番美味しい 技やアイデアの詰まった僕の料理は賛否両論で
コラム

こだわりがないのがこだわり

 常に大人気で予約を取るのが至難の業の“賛否両論” 。笠原シェフは「 日本料理は素晴らしい、と心底思っている」と言います。そして「料理そのものだけでなく、季節感や器使いをはじめ、室礼に至るまで日本の文化を表現している。それは、心遣いにも表れ、小骨の多い魚は食べやすいように骨切りをすること、焼いた肉はそのまま出すのではなく箸で食べやすい大きさで提供することなど、お客様に対する優しさがそこにはある」と。
 そんな素晴らしい日本料理を若い人たちに広めたい、和食は身近なものでなくてはいけない。「自分のポケットマネーで親を招待する、という使い方をしてもらえるお店が理想」という笠原シェフにとってリーズナブルな日本料理を提供することは「必然」なのだと思います。
 高級食材や産地などへのこだわりを一切持たず、その時その瞬間に出会った素材で、アイデアと工夫をこらして、美味しさと驚きを演出する。「こだわりがないのがこだわり」という笠原シェフの料理はどれも美味しくて楽しくてカッコいいのでした。

archives

過去の開催 もっと見る

kitchen stage

東京都新宿区新宿 3-14-1 伊勢丹新宿本店本館地下 1F
明治通り側エレベーター前
お問い合わせ:03-3352-1111 / 営業時間:10:30~20:00(LO.19:00)