2017/10/11~10/31

精米したての新米を味わう贅沢

いよいよ食欲の秋到来!美味しいおかずに美味しい新米を組み合わせて日本の秋を満喫したい、とミシュラン星付きの“割烹すずき”にお願いしました。店主の鈴木 好次氏はプロの技でご飯に合う定番おかずの作り方を伝授下さいました。鯖の味噌煮も鶏肉のやわらか煮も目から鱗の作り方に納得し、その美味しさに感動します。もうひとつの主役は伊勢丹新宿店のお米のプロ“菊太屋”が担当。菊太屋さんに勧めていただいた新米は但馬の蛇紋岩米(じゃもんがんまい)、会期中毎朝精米しキッチンステージに届けて下さいます。精米したての新米とご飯が進むおかずいろいろ。普通の贅沢を味わっていただく3週間です。

割烹 すずき

割烹 すずき

東京都目黒区鷹番2-16-3
TEL:03-3710-3696 www.kappou.jp


素材の持ち味を生かしたシンプルで正直な料理 ホッと和める温かさも忘れないようにしています
コラム

温かく優しい美味しさ突出し 主菜―― 人柄は料理に表れる

 学芸大学の名店“割烹 すずき”の鈴木好次氏は独学の人。11年に渡り寿司職人の修業を積んだ後、独立して居酒屋を開き2年後に割烹料理に転向。本で学び、食べ歩きを重ね、お客さまとのキャッチボールを繰り返しながら独自の料理を創り上げたのだとか。いつもほんわか優しい好次氏の料理はどこかほんわか優しくて……お人柄と料理って似るのですね、きっと。
 そんな好次氏にお願いした「新米に合うおかず」いろいろ。 定番おかずを美味しくつくるコツの数々を丁寧に教えてくださいました。味噌煮の鯖はまず酢で炊いてから。やわらか煮の鶏肉は大根おろしを絡めてしばらくおき、それから煮汁に入れて汁ごと蒸す、などなど。だから全く臭みがないのだ、だからこんなにやわらかいのだ、とひとつひとつ納得の出来上がり。プロの味を召し上がった後、レシピ片手に食品売り場で材料を買ってご家庭で再現していただきたい、というキッチンス テージのコンセプトにピッタリのお料理ばかりです。
 食欲の秋に嬉しい定番おかずのレシピを是非皆さまもご自分のものに! 鈴木好次氏の味、きっとご家族の心もつかむことでしょう。

archives

過去の開催 もっと見る

kitchen stage

東京都新宿区新宿 3-14-1 伊勢丹新宿本店本館地下 1F
明治通り側エレベーター前
お問い合わせ:03-3352-1111 / 営業時間:10:30~20:00(LO.19:00)