ホーム > 知る・楽しむ > おすすめレシピ集 > 卓上ハーブガーデン

おすすめレシピ集

貝印 - おすすめのレシピ

卓上ハーブガーデン

印刷する

生命力が強く、難しいお世話の必要がないため、緑の栽培が初心者でも手軽に育てることができるハーブ。今回は、デスクにも気軽に置けるハーブポットを制作します。成長が早いのもハーブを育てる楽しみ。随時収穫して、休憩時のハーブティーに活用したり、お料理に使ったりと、暮らしの楽しみも広がります!まずは基本となるハーブの植え方・育て方をマスターして、ぜひ緑のある暮らしを実践してみてください!

材料

ハーブの苗、培養土、鉢(苗のポットの1.5倍程度のサイズ)、
鉢底ネット、鉢底石
道具:
スコップ、じょうろ

作り方

1. 鉢底より一回り大きくカットした鉢底ネットを穴の上に敷き、鉢底石を底が一面隠れるように入れます。
2. 鉢の中に苗のポットを入れ、鉢の底に足す土の量を確認します。(ポットの土の表面が、鉢の8~9分目になる高さ)ポットを取り出し、2で確認した高さまで、鉢に培養土を入れます。
3. 根を傷つけないように、ポットを逆さにして苗を取り出します。
4. 取り出した苗を鉢の中央に配置し、高さを調節しながら苗の周りにまんべんなく土を入れます。
5. 鉢を軽く叩いたり、指で土を軽く突くようにして隙間をなくし、根と土を密着させます。
6. 穴から水がぽたぽたと垂れるまで、たっぷりと水をやり、完成です!
※根が腐る可能性があるので、受け皿には水がしっかりときれてから置きましょう。
Point <栽培環境と水やり>
・日当たりがよく、風通しのよい場所に置きましょう。
※屋内に置く場合にも、できれば週に一度くらいは戸外に出して日に当ててください。
・土の表面が乾いたら、たっぷりと水をやりましょう。(受け皿には水を溜めないように!)
ポイント画像