ホーム > 知る・楽しむ > おすすめレシピ集 > 【TOKYO sweets】グレープフルーツとレモンのジュレ

おすすめレシピ集

フランス菓子、料理研究家 - 大森 由紀子さんのレシピ

【TOKYO sweets】グレープフルーツとレモンのジュレ

印刷する

材料

※8個分
<スプーン生地>
薄力粉 105g
強力粉 45g
バター 75g
ひとつまみ
砂糖 ひとつまみ
全卵 1/2〜1個分弱
アーモンドパウダー 18g
薄力粉 150g
<グレープフルーツとレモンのジュレ>
ゼラチン 1g
50cc
砂糖 30g
レモン汁 10cc
杏などのジャム 適量
グレープフルーツ 適量
ミントの葉 適量

作り方

1. ボウルにふるった粉とバターをいれ、粉をまぶしながらスケッパーなどでバターをこまかく刻む。
2. バターが小豆粒状になったら、指で粉とバターをすり合わせ、そぼろ状にする。
3. 砂糖と塩を加えてさっとまぜ、溶き卵を加えて、手で押しながらまとめる。溶き卵の量は、生地の固さによって調節する。
4. ラップなどに包んで、最低2時間冷蔵庫で(時短レシピ:冷凍庫で20分)休ませる。このとき、あとでおし伸ばしやすいように、ラップの上から手の平で押して平たくしておくとよい。
5. 2mm厚さに伸ばして、抜き型で抜く。
6. 型に詰める。
7. フォークでピケして180℃で15分ほど焼く。
8. ゼラチンを水でふやかしておき、鍋に水、砂糖を入れて沸かす。そこにゼラチンを入れて溶かし、レモン汁を入れてレモンジュレを作る。粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。
9. スプーン生地に、杏などのジャムを塗り、グレープフルーツの実、レモンのジュレを乗せてミントの葉を飾る。