ホーム > 知る・楽しむ > おすすめレシピ集 > 彩り野菜とシュリンプのサラダ"マルチカラー"

おすすめレシピ集

フレンチシェフ - 高良康之さんのレシピ

彩り野菜とシュリンプのサラダ"マルチカラー"

印刷する

ドレッシング作りでは材料の大きさを揃えるのが”シェフの技”。ブレンディアで混ぜるときに乳化しやすくなり、口当たりが滑らかなドレッシングになります。

材料

2人分

大根、にんじん、ビーツ 各100g
A(作りやすい分量)
玉ねぎ(2cm角に切ったもの) 30g
アンチョビ(適度な大きさに切る) 1枚
マスタード 15g
白ワインビネガー 30ml
オリーブオイル 100ml
塩、こしょう 各適量
じゃがいも 1個
サラダオイル 適量
適量
[ソース]
B
バルサミコビネガー 10ml
オリーブオイル 30ml
適量
海老(殻なし) 6尾
適量
オリーブオイル 適量
シブレット(2cm程度に切る) 適量
スプラウト(お好みのもの2種類) 適量

作り方

1. 大根、にんじん、ビーツは皮をむき、SELECT100細せん切り器でそれぞれカットしながら、水をはったボウルに入れる。流水にあてて水が透明になったら、水切り器で水分をよく切っておく。
2. Aを容器に入れ、ブレンディア(アタッチメント:マッシャー)でよく混ぜる。塩、こしょうをふって味を調え、ドレッシングを作る。
3. じゃがいもは皮をむき、SELECT100細せん切り器でカットする。tvs SOLIDAチタンコートフライパンにオリーブオイルを多めに入れて熱し、じゃがいもを薄く散らしながら入れ、中弱火でフリットを作る。焼けたら取り出して塩をふる。 じゃがいもは中火よりやや弱い火力で、水分を飛ばしながらカリッと焼きます。焼き上がったら温かいうちに塩をふってください。味なじみが良くなります。

[ソース]

4. Bをボウルに入れ、混ぜ合わせる。
5. 背わたを取り除いた海老に塩をふり、tvs SOLIDAチタンコートフライパンにオリーブオイルを少量入れて中火で焼く。焼き上がったら各皿に3本ずつ盛りつける。 海老は香りを引き出したいので、焼く時はオイルを少なめに!
6. ボウルに、1、シブレット、スプラウトを入れ、細かく砕きながら3を加える。2を加えてよく混ぜ合わせて、5 の海老の上にこんもりと盛り、まわりに4 の[ソース]をあしらう。

シェフの“技”

「ドレッシング作りは材料を切るところから気を配る」

「ブレンディアで刻んで混ぜてしまうから材料を切るのは適当に」と思っていませんか。実は、材料の大きさを揃えると乳化しやすく、口当たりが滑らかなドレッシングになるのです。

SELECT100 細せん切り器

SELECT100 細せん切り器

使いやすい道具はシンプルで美しく、手になじむ、それがセレクト100の考え方。...

blendia (ブレンディア)

blendia (ブレンディア)

ハンディクッキングプロセッサー【blendia ブレンディア 】は、使う人の立場に...

tvs SOLIDA チタンコートフライパン 24cm

tvs SOLIDA チタンコートフライパン 24cm

エレガントなデザインと機能性を兼ね備えたイタリアの調理器具ブランド・TVS社...