ホーム > 知る・楽しむ > おすすめレシピ集 > 魚介のスッパディペッシェ

おすすめレシピ集

「ACQUA PAZZA」 - 日髙良実シェフのレシピ

魚介のスッパディペッシェ

印刷する

南イタリアの代表的な魚介料理です。本来は水を加えて作りますが、真空低温調理では余分な水分を加えずに、魚介の持つ水分を引き出して調理します。魚の身はふっくら、えびといかはプリプリの絶妙な食感です。魚介のだしがきいた濃厚な一皿に仕上がります。

材料

2人分

好みの切り身魚(白身)(1切れ70gのもの) 2切れ
いか 60g
帆立貝柱 2個
えび 2本
あさり(砂抜きしたもの) 4個
[調味料]
適量
トマトペースト 60g
エキストラバージンオリーブオイル 10g

作り方

下準備: 耐熱容器(鍋)に水またはお湯を入れ、本体を設置する。専用シーラー機を本体にセットする。
1. いか、帆立貝柱は食べやすい大きさに切る。えびは殻をむく。あさりは殻をこするようにして水で洗う。
2. 切り身魚に塩をする。(重量の1%)
3. 専用袋(M)(以下、袋)に1と2、トマトペースト、オリーブオイルを入れ、手動シーリングをする。
4. 本体を40分、75度にセットし、「START」ボタンを押して加温する。設定温度に達しアラームが鳴ったら、3を耐熱容器(鍋)に入れる。
5. 加熱終了のアラームが鳴ったら、トング等を使用して取り出す。袋から中身を出して器に盛りつけ、あさりの口を開く。

【保存期間目安】
*冷蔵保存する場合、加熱後の袋のまま氷水で急速冷却してから冷蔵庫に入れ、調理後3日までにお召し上がりください。常温で長時間放置しないようご注意ください。
【ご利用の注意】
*ご使用前に製品パッケージ記載の説明をよく読んで正しくご使用ください。
*本体機器の加温時、設定温度に達するまで時間がかかる場合は、専用シーラー機にかけた食材は、冷蔵庫等で保存してください。