KAI オリジナルレシピ集

プロの料理人をはじめ料理家の先生方監修のオリジナルレシピや
貝印製品を利用したおすすめレシピなどをご紹介します。

+
+
検索する

料理研究家 - 脇雅世さんのレシピ  

鶏胸肉のスライスサラダ

印刷する

鶏胸肉を使った鶏ハム風のレシピをご紹介します。加熱するとパサつきやすい鶏胸肉ですが、真空低温調理はしっとりとした鶏ハム作りに最適な温度をキープでき、むらなく均一に火を通します。でき上がりはふんわりジューシー。お店の味にも負けない本格派の味わいです。お好みの厚さに切り分けて野菜を添えてサラダやサンドイッチにも。

材料

2人分

鶏胸肉(皮をはいだもの) 2枚(450g)
[調味料]
小さじ1
(鶏胸肉重量の1.2%)
砂糖 小さじ1弱
(鶏胸肉重量の0.6%)
こしょう 小さじ1/3弱
(鶏胸肉重量の0.3%)
[仕上げ用]
ベビーリーフ 適量
*食材は新鮮なものを使用してください。

作り方

1. 鶏胸肉をポリ袋に入れ、Aを合わせたものをふり入れ、袋の上から軽くもむ。袋の空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫に2時間~ひと晩入れて味をなじませる。
2. 鍋(耐熱容器)に水またはお湯を入れ、本体を設置する。専用シーラーを本体にセットする。
3. 肉を取り出し、出た水分をキッチンペーパーでふく。広げたラップの上に、鶏肉2枚を少し重ねて、厚みが均一になるようにおく。空気を抜きながらラップできっちりと包み、両端をきゅっとねじってとめる。(直径が6㎝を超えないようにする)。
4. 専用袋(L)(以下、袋)に3を入れる。
5. 4を専用シーラーにセットする。フタを閉め、左右を両手でしっかり押す。【V】ボタンを押して自動脱気シーリングをする。
6. 【M】ボタンを押し、【∧】【∨】ボタンで温度を67℃に設定する。
7. もう一度【M】ボタンを押し、【∧】【∨】ボタンでタイマーを50分に設定する。
8. 【START/STOP】ボタンを2回押し加温を開始する。
9. 鍋の水が設定温度に達したら、アラームが鳴りタイマーが作動する。すぐに、5を鍋に入れる。
10. 50分経過のアラームが鳴ったら、鍋から袋をトングで取り出し、氷水に入れて急速冷却する。
11. 完全に冷えたら、袋から中身を出す。ラップの上から食べやすい大きさに切り分け、ラップをはずして器に盛り、ベビーリーフを添える。

【使用上の注意】
*加熱後、袋から取り出したら、調理後、その日のうちにお召し上がりください。
*ご使用前に同梱されている取扱説明書をよく読んで正しくご使用ください。
*調理に使用するまな板、包丁などの調理道具は清潔なものを使用してください。
*材料の分量・調理時間は目安です。調理時間は食材の大きさ・芯温により異なります。
*食材の長期保存ができるわけではありません。