KAIキッチン用品・美容用品販売の貝印株式会社

ホーム >  知る・楽しむ >  [bi-hada]うぶ毛ケアはスキンケアの新常識!!

[bi-hada]うぶ毛ケアはスキンケアの新常識!!

bi-hadaブランドサイト

How to うぶ毛ケア|初めての人も、これまで自己流で剃っていた人も、これを見れば自宅で簡単に顔そりができます。目指せ、すっぴん美肌!

  1. 目の下を上から下に向かって剃っていきます。頬も上から下へ剃っていきます。こめかみも、髪の生え際を1~1.5cm程度残し、上から下へ剃ってください。
  2. 鼻筋は上から下へ、小鼻は横に倒しながら花の丸みに沿って上から下に剃っていきます。鼻の下も唇に向けて上から下へ、あごも上から下に向けて剃っていきます。口角の付近は、右利きの方は左から右に、左利きの人は右から左へと剃るとやりやすいでしょう。
  3. フェイスラインとあごの下も上から下に向けて剃っていきます。また首も鏡を見ながらできる範囲で、上から下へと剃ってください。
  4. 額の真ん中から上に向かって剃り、髪の生え際は残っている方が自然なので、生え際を1cmほど残して止めます。さらに額の真ん中から下へ剃り、まゆの上も5mm程度残します。ぎりぎりまで剃ると、眉毛を剃り落としてしまうことがあるので注意しましょう。眉の下は皮膚がデリケートなので、反対の手でまぶたをおさえて、身長に上から下へ向かって剃ります。

教えます!自宅でできる顔そりのコツ

  • ◆剃る前に必ずクリームやジェルを塗る。
  • ◆眉や目のまわりのデリケートゾーンは最後に整えながら剃る。
  • ◆同じところは何度も刃を当てずに1〜2回程度に。
  • ◆顔に当てる場所によって、持ち方(右図参照)を変えるとよい。
  • ◆剃毛後はぬれたタオルで拭き、化粧水で整え、保湿を。
  • 生理中や日焼け後は避けて。

【シンプルハンド】利き手と同じ側を剃るときに。 【ペンシルハンド】利き手と反対側を剃るときに。上に向かって剃るときには刃を上向きに。

うぶ毛ケアQ&A

こんなケアをしている人は要注意!
浴室で剃っている
カミソリを浴室においている
最低でも1週間に一回は剃っている
生理中でも気にせず剃っている
日焼け後でも気にせずに剃っている
同じカミソリをずっと使い続けている
Q1.どれくらいの頻度で行えばいい?
顔には眉毛などの太い毛と、全体を覆うように生えているうぶ毛とがあります。顔のうぶ毛の毛周期(うぶ毛の生え変わるサイクル)は約20日といわれているので、うぶ毛ケアは20日から1ヶ月に1回の頻度で行うのが理想的です。
Q2.いつ、どこで剃ればいい?
うぶ毛の状態を見ながら行うため、明るい時間帯や照明のある場所で剃るようにしましょう。座って落ち着ける環境がおすすめです。
浴室では剃らないようにしてください。特に、浴室にカミソリを置いておくと刃がさびて、角質を傷つけたり傷口から雑菌が入ったりすることもあるので注意が必要です。
Q3.剃るときに注意すべきことは?
生理中や日焼け後は、肌が敏感になっているので剃るのを控えましょう。生理中は皮脂分が増えてニキビができやすくなっています。また、日焼け後の皮膚は角質がめくれやすくなっており、毛を剃ることで角質を強制的に取ることになってしまうので、肌を傷める原因になります。
Q4.アフターケアのポイント
剃毛後はぬれたタオルで拭き、化粧水で肌を整えた後、乳液やクリームを塗って保湿してください。アルコールやスクラブ入りの化粧品を使用するのは2~3日控えるようにしましょう。また、日焼け止めやメンソール系の刺激の強いものも、同じように2~3日控えてください。
Q5.カミソリの交換時期は?
顔全体を1回として、3~5回剃ったら交換するようにしましょう。使用後はクリームのついた刃をよく拭き取るか、水洗いしてから水気をよく拭き取ってキャップをして保管を。刃こぼれを防ぐほか、ホコリよけにもなります。