kai corporation

クシ付マユハサミDX

眉を整えるとき、コームとハサミの両刀使いは初心者には難しい!
そんな声にお応えしたのが、この「クシ付マユハサミ」。
切りすぎや切り残しの心配もなし。かしこく便利な逸品。

クシ付マユハサミDX

クシ付マユハサミDX

切り過ぎも、切り残しも無用!過不足ない、眉のお手入れを可能に。

おもてなし上手な人の条件が、食材を薄く美しく切れることなら、美容上手な人の条件は、お顔の中の毛関係を過不足なく切れることだったりしませんか。
で、お顔の中の一番目立つ毛といえば眉毛ですが、眉を過不足なく切るのって、案外難しいですよね。クシで眉毛を整えつつハサミを当てるとか、実は難度高すぎ。

そんな声に応えて生まれたのがこのクシ付き眉ばさみ。刃先に小さなクシがセットされているので、毛流れを整え、切るという作業が片手でできるスグレモノです。
こちら2003年に貝印が初めて開発・発売したそうで、発売当初はあまりの人気に生産が追い付かなかったとか。その後、肌を傷つけにくい刃先に変えたり、掃除しやすいようクシが取り外せるようになったり、左手用も出したり、と改良を重ね、10年を経た現在、累計1000万個販売を突破。この使いやすさを考えれば納得です。
太眉ブームの昨今、切りすぎにはくれぐれも気をつけたいものですが、このハサミなら失敗なくやってくれそうです。

原千乃

ライター 原千乃

フラウにて連載中の永富千晴さんとの美容テーマの対談「キレイのたくらみ」が好評。1日のうち14時間くらいはしている愚にもつかない想像が、美と健康につながると信じている美容編集者。

バックナンバー