kai corporation

薄刃ハサミ

男性との接近戦のときに気をつけたい、伸びかけた眉毛やつけまつ毛の処理。
繊細で細かなカットのため、進化を遂げた“切り込み隊長”が登場です!

薄刃ハサミ

薄刃カットハサミ

薄刃だから、根元から眉毛を狙ってカット!細かいところまでケアできる優れもの

カットハサミは数あれど、正直どれが良いのか分からない。そうそう買い替えるモノでもないし…。そう思っている方も多いかと思います。そして、そんな方にこそぜひ使っていただきたいのがこちら。満を持して登場した「薄刃ハサミ」です!

こだわった点は、何といっても「刃の薄さ」。眉毛を切るとき、刃先が薄いほうがより切るポイントを狙いやすくなりますよね。“より肌に沿わせやすく、根元からカットしやすく。”それを第一に追求しました。貝印の従来品に比べて刃の厚みを約半分にまで落とし、刃先全体もスリムに。それでいて切れ味はそのままです。また、人によってカットハサミの持ち方が異なることにも着目しました。指を入れたときに安定しやすいよう小ぶりの楕円ハンドルにし、人差し指をハンドルのカーブに置きやすい指置きのあるR形状のハンドルを採用。持ったときのフィット感と安定感が違います。
この薄刃ハサミには刃先がカーブタイプのものとストレートタイプのものがありますが、使い分けのオススメは…。

ある程度の本数をまとめて整えたいときはカーブ刃の「オシャレハサミ」、ピンポイントを狙ったり細かい処理をしたいときはストレート刃の「カットハサミ」。う~ん、でもこれはお好みですね。今回ご紹介した薄刃ハサミなら、眉毛を1本1本カットしていくような細かい作業にも向いているので1本あればマルチユース。とくに、今は整えすぎないナチュラルな眉毛が人気なので1本単位で少しずつバランスを見て切れる「薄刃」が重宝しそうです。
あと、これはオマケですけど。つけまつ毛って自分の目の幅に合わせてから、束と束の間の隙間を狙ってカットすると全体のバランスが整うんですよ。これも、刃先の細いスリム刃だからできること!

カットハサミもどんどん進化しています。「根元が1㎜残っちゃう!」なんてムキーっとなっているようなら、この機会に新調してみてはいかがでしょう。きっと、接近戦にも自信の持てる仕上がりが叶うはずです。

バックナンバー