kai corporation

天然毛ブラシ

ツヤツヤ髪を作るには、シャンプーを変えるより「ブラシを変える」が手っ取り早い!?
ふんわり夢心地のブラシで、毎日のヘアケアが楽しくなる!

天然毛ブラシ

左:天然毛ブラッシングブラシ(紗髪) L
右:天然毛ブラッシングセットブラシ(絢髪) L

ふわっふわの天然毛でとかすたびに、ツヤ!

美髪の持ち主が、かなり高い割合で愛用している天然毛のヘアブラシ。プラスチック製に比べて適度な水分と油分を含み、静電気が起きにくく、毎日のブラッシングでツヤのある髪に導くことができます。そんな人気シリーズがこの春リニューアル。現代女性のヘアケア事情に合わせてさらなる進化を遂げました。

改善したのは、ずばり“ふんわり”タッチ。近年、ブラシ業界は地肌に優しく髪当たりの柔らかなタイプへとニーズが移行しています。頭皮の健康やマッサージ効果などが見直されている流れですね!そのトレンドを汲んで、装いも新たに全9アイテムが登場しました。特に「絢髪」シリーズの2アイテムには、毛根を含んだ「一切り」と呼ばれる部分を使用。ソフトな天然毛のなかでもさらに丸みを帯びた毛根を含むことで髪や頭皮への優しいタッチを実現しました。ツヤを与える脂も多く含んでいるのが特徴です。豚毛と猪毛をミックスし、外側に配置されたコシと硬さのある猪毛が髪の毛をぐいっとかき分け、内側の柔らかな豚毛で頭皮や髪を優しくキャッチ。タイプの違う2種の天然毛を、ブラッシング時に髪に当たる向きやブラシの使い方を考慮して“縦”に配置しました。また、「紗髪」のブラッシングブラシには天然毛の6列植毛を採用。どのアイテムも「柔らかく、地肌に優しい」をモットーにしています。

ところで、皆さん、ブラッシングって毎日されていますか?シャンプー前のブラッシングで髪のもつれや汚れ、ほこりを落とせば泡立ちアップ。朝のブラッシングでツヤを出したり、頭皮のマッサージにもなったりと本当にいいことづくめなんですよ。気をつけたいのは、天然毛は水にあまり強くなく、濡れると特有の匂いがすることがあるので濡れた髪への使用を避けること。ほこりや汚れがつきやすいので、使用後に掃除するなど、こまめなお手入れをおすすめします。長年使用した場合、どうしても天然毛の脂が少なくなってしまうため、ツヤ出し効果が薄れてくるという性質もあります。

ブラシの毛は、SサイズもLサイズも同じ長さなので、髪の量や毛質などでお好みの1本をぜひ見つけてください。どのアイテムも小ぶりなサイズになっているので、手の小さな女性でもぴったり。旅行の際にも便利ですよ。

バックナンバー