ホーム > 知る・楽しむ > おすすめレシピ集 > かぶのすり流し炙り帆立添え

おすすめレシピ集

賛否両論 - 笠原 将弘さんのレシピ

かぶのすり流し炙り帆立添え

印刷する

かぶの風味が引き立つ、優しい口当たりのすり流し。炙って香ばしさが増した帆立が、味と食感にアクセントを加えます。

材料

作りやすい分量

かぶ 4個
太白胡麻油 大さじ2
少々
A
出汁 400ml
薄口しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
万能ねぎ 3本
帆立の貝柱 4個
黒こしょう 少々

作り方

1. かぶは皮をむき、適当な大きさに切る。
2. tvsSOLIDAチタンコートフライパンに太白胡麻油、1を入れ、塩をふって火にかけ、しんなりするまで弱火で焼く。 ここではかぶの香りと甘みを引き出すために、焼いて熱を入れています。フライパンにかぶを入れ、塩をふってから弱火にかけることで、焼きすぎや焦げつきを防ぎます。
3. 2にAを加え、中火でくたくたになるまで煮て、氷水に当てて冷やす。冷えたらブレンディア(アタッチメント:ブレンダー)にかける。 水分が半分ほどに減り、かぶが煮くずれるまで煮てください。氷水で一気に冷やした後は、ポタージュくらいになるまでしっかりブレンディアにかけましょう。
4. 万能ねぎは小口切りにする。
5. 帆立の貝柱は洗って汚れを落とし、水気を切って塩を軽くふる。強火で熱しておいたフライパンに帆立の貝柱を入れ、両面に焼き目をつけ、中はレアに仕上げる。焼き上がったら取り出し、一口大に切る。 フライパンを熱々に温めてから帆立を入れ、押さえつけるように焼くことで、表面はきれいな焼き色で中はレアに仕上がります。
6. 3を温め直して器に入れ、5を入れる。4を散らし、黒こしょうをふる。 じゃがいもは中火よりやや弱い火力で、水分を飛ばしながらカリッと焼きます。焼き上がったら温かいうちに塩をふってください。味なじみが良くなります。

笠原流“作り置き術”

「おいしいすり流しの作り方と、おすすめの食材」

まずはフライパンに油と生を入れ、弱火でじっくり加熱し、食材の甘みと旨みを引き出すこと。その後、すり流しにすることで、コクのある深い味わいになります。今回はかぶを使いましたが、新玉ねぎやかぼちゃ、冬瓜もすり流しに向いています。特におすすめなのはとうもろこし。優しい甘みが口の中に広がりますよ。

まずはフライパンに油と生を入れ、弱火でじっくり加熱し、食材の甘みと旨みを引き出すこと。その後、すり流しにすることで、コクのある深い味わいになります。今回はかぶを使いましたが、新玉ねぎやかぼちゃ、冬瓜もすり流しに向いています。特におすすめなのはとうもろこし。優しい甘みが口の中に広がりますよ。

tvs SOLIDA チタンコートフライパン 20cm

tvs SOLIDA チタンコートフライパン 20cm

エレガントなデザインと機能性を兼ね備えたイタリアの調理器具ブランド・TVS社...

blendia (ブレンディア)

blendia (ブレンディア)

ハンディクッキングプロセッサー【blendia ブレンディア 】は、使う人の立場に...