貝印プレゼンツ「切るとは」展」

会期:2020.1.10FRI1.13MON
場所:東京ミッドタウン アトリウム

貝印プレゼンツ「切るとは」展」

切る。

食材を切る。爪を切る。紙を切る。
ほとんどの人は、当たり前に、日常的に、様々なものを「切る」。

でも、「切る」とはどういう事だろう。
「気持ちいい?」それとも、「楽しい?」
1908年に創業し、111年間。

切れ味にこだわり、刃物を作り続けてきた
総合刃物メーカー 貝印が、
視覚・聴覚・触覚、様々な角度で
「切る」を表現するミュージアムです。

event
イベント

会場で配布するスマートフォンを使い、様々な意味の「切る」を持ったARコンテンツを読み取りながら進んでいただきます。

まず、「切る」辞典に⼊ることからスタートし、道具・⾳・味などをテーマにしたインタラクティブコンテンツや商品展⽰などを通じて、「切る」⾏為の⾯⽩さを感じていただきます。

⾙印という企業が⾒つめてきた刃物製造を覗いていただける、体験型のイベントです。

infomation
インフォメーション

東京ミッドタウン六本⽊ ガレリアB1F アトリウム
会  期 : 2020.1.10(金)
1.13(月・祝)
会  場 : 東京ミッドタウン アトリウム
(東京都港区⾚坂9-7-1)
開場時間 : 11:00〜21:00
⼊場料⾦ : 無料
主  催 : 貝印株式会社

あなたの⾝近にある
「切るとは」を集めよう

会場でお貸出しするスマートフォンを使用していただき、各コンテンツを体験しARスタンプを集めていただくと、
⾙印商品をプレゼントいたします。

event report
イベントレポート

2020年1月10日(金)より、「切るとは」展がスタート。
たくさんの方に「切る」をテーマにしたコンテンツを楽しんでいただいております。

01

切るとは

⾙印そのもの

02

切るとは

⾳に没⼊すること

03

切るとは

道具を知ること

04

切るとは

美味しくすること

05

切るとは

未来を切り開くこと