KAI オリジナルレシピ集

プロの料理人をはじめ料理家の先生方監修のオリジナルレシピや
貝印製品を利用したおすすめレシピなどをご紹介します。

+
+
検索する

貝印 - おすすめのレシピ  

スタイリッシュ・ブリオッシュ

印刷する

材料

5.7×27cmのパウンド型2台分
mmmスタイリッシュパウンド型底取れ(DB2250)使用

■A

強力粉125g
薄力粉85g
ドライイースト4g
砂糖16g
2.5g

■B

卵(L)2個
牛乳卵と合わせて140mlに
無塩バター(室温)45g

作り方

準備

  • ※(A)の粉類は合わせてふるっておく。
  • ※型にポマード状のバター(分量外)を塗り冷蔵庫に入れておく。
  • ※オーブンは180℃に温めておく。
  • ※(B)の卵と牛乳を混ぜ合わせ、湯煎で32~35℃に温めておく。
  1. (A)の粉類を1/2カップ残してボウルに入れ、砂糖、ドライイースト、塩を入れ、ニーダー2速で20~30秒混ぜ合わせる。そのまま混ぜながら約1分かけて(B)の卵液を少しずつ加える。
  2. 残りの粉を数回に分けてボウルの側面からふるい入れ、生地がニーダーにからまるまで2速で40秒、さらに2~4速で10分練る。バターの生地の上に数ヶ所に置き、生地がなめらかになるまで4~6速で4~5分練る。
  3. 生地を作業ボードに取り出し、表面がなめらかになるように丸くまとめ、薄くバター(分量外)を塗った大きめのボウルに入れてラップをする。
  4. 生地を取り出し、中心から外側に指で押さえてガス抜きをする。軽くまとめ、スケッパーで4等分し、1個ずつ丸める。キャンバス(または厚手の布巾)の間にはさみ、ぬれ布巾をかけて10分休ませる。(ベンチタイム)
  5. めん棒で生地を縦15cm×横20cmの長方形に伸ばして手前から巻き、巻き終わりをつまんでしっかり止める。両手のひらで転がし35cmの長さに伸ばして2本の棒を作る。中心がクロスするように2本重ね、ツイストさせて山が3つ出来るように形を整え、型に入れる。同様に2台分成型する【写真a】。
  6. 軽く霧をふき、約30℃の暖かい場所で、生地の山のトップが型から1~1.5cm位の高さになるまで30~40分発酵させる。
  7. 生地の表面に溶き卵(分量外)を塗り、180℃のオーブンで15分焼く。焼き上がったらすぐに型から取り出す。

道具メモ

スタンドオートミキサー(ホワイト)

菓子作りの有能なアシスタント、スタンドオートミキサー。一台あると、お菓子作りがグーンとパワーアップします。混ぜる、空気を含ませる、練る。スタンド式だから自分の手と別の作業が同時進行できるので、材料を混ぜるタイミングがずれることなく、お菓子の出来映えが、今までとは見ちがえるようです。電源OFF&速度調整はレバーで簡単に調節できます。

道具メモ

スタンドオートミキサー(ヴィヴィアンレッド)

菓子作りの有能なアシスタント、スタンドオートミキサー。一台あると、お菓子作りがグーンとパワーアップします。混ぜる、空気を含ませる、練る。スタンド式だから自分の手と別の作業が同時進行できるので、材料を混ぜるタイミングがずれることなく、お菓子の出来映えが、今までとは見ちがえるようです。電源OFF&速度調整はレバーで簡単に調節できます。

道具メモ

角の仕上がりが美しいシャープ&スリムケーキ型(27cm)

『直角の角』で焼き上がり・仕上がりの美しさに大きく差が付くパウンドケーキ型です。ケーキだけでなく、冷菓やテリーヌなど幅広い用途に使える、汎用性の高さも魅力。底取れタイプの型なので、ケーキをキレイに取り出せます。フォトジェニックを狙うならおすすめの、みんなで取り分けられる27cm。