KAI オリジナルレシピ集

プロの料理人をはじめ料理家の先生方監修のオリジナルレシピや
貝印製品を利用したおすすめレシピなどをご紹介します。

+
+
検索する

貝印 - おすすめのレシピ  

鶏の竜田揚げ

印刷する

〈o.e.c.でつくるオイシーレシピ〉ふたの水分を拭きながら揚げると、ふっくら、からりと揚がります。

材料

2人分
鶏もも肉350g

■A

しょうが汁小さじ2
しょうゆ大さじ1 1/2
片栗粉、揚げ油各適量

作り方

  1. 鶏もも肉は余分な脂を切り取り、食べやすい大きさに切る。
  2. ボウルに①を入れ、Aを加えてなじませ、15分ほどおいて下味をつける。
  3. フライパンに揚げ油を深さ2㎝ほど入れて、中温(170℃)に熱する。②に片栗粉をまぶして、揚げ油に一度に全部入れてふたをし、ふたに水滴がついたらふきんで拭き取る。2分ほど揚げたらふたを取って強火でときどき混ぜながらからりと揚げる。
ふたに水滴がついてきたら、揚げ油の中に落ちないうちに、ふたを持ち上げる。ふたをすることで肉の中までふっくらと火が通る。
ふたを持ち上げたら、ふたについた水滴が落ちないように、そのまま鍋の外にふたを平行に移動させる。
ふたをひっくり返し、裏についた水滴をペーパータオルなどで拭き取る。水滴がついてきたらそのつど、水滴を拭く。
IHのトッププレート上に直接キッチンペーパーを敷き、そこに竜田揚げをとる。後はペーパーを丸めて捨てればOK。
  • ※o.e.c.シリーズのフライパンは、IHクッキングヒータ付属の揚げ物機能は使えません。
  • ※ふたを使用する場合は火力を調整して油温の上昇に注意してください。発火の危険性があります。

道具メモ

o.e.c. フライパン 25cm (ふた付)

料理研究家脇雅世さん監修のo.e.c.シリーズ。IHに最適なフライパンです。IHに適した材質ステンレスとアルミを合わせ、熱伝導性と保温性の両方に優れたフライパンを実現しました。側面にまで熱が伝わりやすい底面を均一に加熱できるだけでなく、側面まで速く熱がまわります。オーブンにも対応耐熱性のハンドルなので、フライパンをそのままオーブンに入れて加熱できます。持ちやすいショートハンドル:持ちやすく短いハンドルのおかげで、フライパンの重さをあまり感じさせず、調理がしやすくなりました。深さが5.7cmあるので、炒め物以外にも、煮物、揚げ物そして蒸し物も作れます。中が見えるふた中央部はガラスなので、調理中に中を見ることが出来ます。耐久性の高いフッ素樹脂加工耐久性の高いフッ素樹脂加工「イクリプス」を使用しています。※IH/ガスコンロ/オーブン/シーズヒータ/ハロゲンヒータ/エンクロヒータ/ラジェントヒータ対応※フッ素フライパン・鍋保証サービスのお申込みフォームよりお申込みいただくと、フッ素保証サービスが受けられます。(※有料)