KAI オリジナルレシピ集

プロの料理人をはじめ料理家の先生方監修のオリジナルレシピや
貝印製品を利用したおすすめレシピなどをご紹介します。

+
+
検索する

貝印 - おすすめのレシピ  

ミニロールケーキ

印刷する

材料

2人分
卵(M)1個
砂糖30g
薄力粉23g
生クリーム小さじ1
ホイップ用生クリーム50~80ml
ホイップ用生クリームの砂糖大さじ
1/2~1
いちご、キウイ、オレンジ
など好みのフルーツ
各適量
粉砂糖適量

作り方

  1. 卵焼き器にバター(分量外)を薄く塗っておく。
  2. ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖を加えて泡立て器でしっかりと泡立てる。
    ※卵は、泡立て器ですくった跡がしばらく消えず、リボン状になって落ちるくらいまで、しっかりと泡立てる。ここでしっかり泡立てておくことがふんわりとしたケーキを作るコツ
  3. 合わせてふるった薄力粉を加え、ていねいにさっくりと混ぜ合わせる。生クリームも加え、さらに混ぜる。
    ※粉っぽさが残らないように、混ぜる。
  4. ①の卵焼き器に③を流し入れ、210℃に予熱をかけたオーブン下段で8~10分焼く。
    ※卵焼き器に流し入れたら、スクレッパーを使って表面をならす。
  5. アルミ箔の上に返して取り出し、そのまま熱いうちに巻き、包んだまま冷ます。ホイップ用生クリームとホイップ用生クリームの砂糖をボウルに入れてしっかりと泡立てる。
    ※オーブンから出すときはハンドルが熱くなっているので、必ずミトンなどをしてからハンドルを握る。
  6. ロールケーキが冷めたらアルミ箔を取り除き、内側にホイップクリームを塗り、いちご、キウイ、オレンジなどを並べ、端から巻く。もう一度アルミ箔で包んで、冷蔵庫で30分ほど落ち着かせる。粉砂糖を茶こしに入れてふる。

道具メモ

o.e.c. 卵焼き器 (スクレッパー付)

料理研究家脇雅世さん監修のo.e.c.シリーズ。IHに最適な卵焼き器です。IHに適したステンレスとアルミを合わせ、熱伝導性と保温性の両方に優れた卵焼き器を実現しました。底面を均一に加熱できるだけでなく、側面まで速く熱がまわります。耐熱性のハンドルなので、卵焼き器をそのままオーブンに入れて加熱できます。持ちやすく短いハンドルのおかげで、卵焼き器の重さをあまり感じさせず、調理がしやすくなりました。耐久性の高いフッ素樹脂加工「イクリプス」を使用しています。スクレッパーは、卵焼き器にぴったりと合ったサイズで、卵を返すのも簡単です。※IH/ガスコンロ/オーブン/シーズヒータ/ハロゲンヒータ/エンクロヒータ/ラジェントヒータ対応※フッ素フライパン・鍋保証サービスのお申込みフォームよりお申込みいただくと、フッ素保証サービスが受けられます。(※有料)