KAI オリジナルレシピ集

プロの料理人をはじめ料理家の先生方監修のオリジナルレシピや
貝印製品を利用したおすすめレシピなどをご紹介します。

+
+
検索する

料理人 - 太田 哲雄さんのレシピ  

PAPA A LA HUANCAINA ~ゆでじゃがいも 唐辛子とフレッシュチーズのソースかけ~

印刷する

ペルーの唐辛子とフレッシュチーズを使った、優しい辛みのソースが絶品です。

材料

(2人分)1,634kcal

じゃがいも 2個(400g)
2個
アヒ・アマリージョ(唐辛子) 2本
適量
ケソ・フレスコ
(乳牛のフレッシュチーズ)
150g
牛乳 150ml
クラッカー 70g
オリーブオイル 大さじ2
適量
レモンの果汁 小さじ1
オリーブの実 2個

※アヒ・アマリージョがない場合は、黄色パプリカまたはオレンジを使うと、近い味わいが出せます。

※ケソ・フレスコがない場合は、クリームチーズでも代用できます。

作り方

1. じゃがいもは皮付きのまま塩ゆで(水、塩/共に分量外)する。卵は別鍋でゆで卵にする。
※写真は多めの分量でお作りしています。
作り方1
2. アヒ・アマリージョを半分に切り、種を取り出して洗い、3度水(分量外)からゆでる。ゆでたら皮をむいてブレンディア専用カップに入れ、水を加えてブレンディアにかけ、ペースト状にする。 作り方2
3. ブレンディア専用カップに、2のペースト大さじ2、手でちぎったケソ・フレスコ、牛乳、クラッカー、オリーブオイル、塩、レモンの果汁を入れ、ブレンディアで混ぜる。 作り方3
4. 1のじゃがいもの皮をむき、2cm幅程度にスライスする。 作り方4
5. 4を皿に盛り、3のソースをかけてオリーブの実をのせる。1のゆで卵を半分に切って添える。

道具メモ

blendia (ブレンディア)

ハンディクッキングプロセッサー【blendia ブレンディア 】は、使う人の立場に立って開発しました。アタッチメントやパーツを替えるだけで「つぶす」「きざむ」「混ぜる」「砕く」「泡立てる」といった料理に不可欠な作業を確実に、美しく、しかも短時間でおこなえます。規格定格電圧:100V、定格消費電力:180W、定格周波数/50/60Hz、回転数/HI-17,000回転/分、LO-12,000回転/分、連続使用時間の目安:5分、コードの長さ:約1.7m

道具メモ

o.e.c. 片手鍋 18cm (ふた付)

対流が起こりやすい形状で、肉じゃがなどの煮物調理が上手にできます。補助ハンドルがついているので、鍋返しも簡単にでき、重さを感じにくくなっています。ウォータシールを生かして、無水調理ができます。IHに適したステンレスとアルミを合わせ、熱伝導性と保温性の両方に優れた構造を実現しました。底面を均一に加熱できるだけでなく、側面まで速く熱がまわります。耐熱性のハンドルなので、フライパンをそのままオーブンに入れて加熱できます。深さがあるので、煮物、揚げ物、蒸し物から炊飯まで、幅広いレシピに対応してくれます。蓋の中央部はガラス製なので、調理中に中の状態を見ることが出来ます。※IH/ガスコンロ/オーブン/シーズヒータ/ハロゲンヒータ/エンクロヒータ/ラジエントヒータ対応

道具メモ

関孫六 10000CL 牛刀 210mm

特殊精密接合(ろう付け)の技術を利用し、背側と刃側のコントラストで刃の波紋とハンドルは白合板を採用し流麗なデザイン性を表現しました。肉切りなど、様々な調理で活躍する日本が生んだ万能包丁です。