KAI オリジナルレシピ集

プロの料理人をはじめ料理家の先生方監修のオリジナルレシピや
貝印製品を利用したおすすめレシピなどをご紹介します。

+
+
検索する

賛否両論 - 笠原 将弘さんのレシピ  

鯛茶漬けカシューナッツ胡麻だれ

印刷する

鯛に合わせるのは、香ばしいカシューナッツの胡麻だれ。お互いの味を損なわない見事な組み合わせです。

材料

作りやすい分量

カシューナッツ 200g
A
白練り胡麻 100g
煮切り酒 200ml
しょうゆ 100ml
薄口しょうゆ 50ml
みりん 60ml
鯛(刺身用) 100g
三つ葉 3本
焼きのり 1/2枚
緑茶 適量
少々
ご飯 適量
生わさび 少々

下準備
・材料Aは混ぜ合わせておく。
※煮切り酒とは、酒を似てアルコール分を飛ばしたもの。

作り方

1. カシューナッツはtvs SOLIDAチタンコートフライパンに入れ、中火でから煎りして香りを出す。 火をつける前にカシューナッツを入れ、中火にかけてから煎りし、香りをしっかり引き出してください。
2. 1をブレンディア(アタッチメント:グラインダー)にかけて粉末状にする。ボウルに移し、Aを少しずつ加えながらSELECT100ドレッシングウィスクで混ぜ、滑らかに仕上げる。 カシューナッツは細かい粉末状になるまで、しっかりとブレンディアにかけてください。
3. 鯛は一口大のそぎ切りにし、2と合わせて和える。 鯛は一口大のそぎ切りにし、2と合わせて和える。
4. 三つ葉は小口切りにする。のりは適度な大きさに切る。
5. 緑茶を淹れ、塩を加える。
6. 茶碗にご飯を盛り、3をのせる。4 、すりおろした生わさび、5を添える。 茶碗にご飯を盛り、3をのせる。4 、すりおろした生わさび、5を添える。

笠原流“作り置き術”

「たれは多めに作って別の料理に」

カシューナッツ胡麻だれは、サラダのドレッシングや生野菜のディップ、しゃぶしゃぶ、蒸し鶏、冷や奴などにも使える万能だれです。また、炒め物の調味料としても重宝する優れもの。冷凍保存ができますので、多めに作ってさまざまな料理に活用してみましょう!

道具メモ

blendia (ブレンディア)

ハンディクッキングプロセッサー【blendia ブレンディア 】は、使う人の立場に立って開発しました。アタッチメントやパーツを替えるだけで「つぶす」「きざむ」「混ぜる」「砕く」「泡立てる」といった料理に不可欠な作業を確実に、美しく、しかも短時間でおこなえます。規格定格電圧:100V、定格消費電力:180W、定格周波数/50/60Hz、回転数/HI-17,000回転/分、LO-12,000回転/分、連続使用時間の目安:5分、コードの長さ:約1.7m

道具メモ

SELECT100 ドレッシングウィスク

線材が重ならず底あたりが良いので効率良く混ぜることが出来ます。押しつぶしながらの混ぜも可能です。通常のワイヤータイプより材料が詰まりづらく、洗い易い構造になっています。