KAI オリジナルレシピ集

プロの料理人をはじめ料理家の先生方監修のオリジナルレシピや
貝印製品を利用したおすすめレシピなどをご紹介します。

+
+
検索する

料理研究家 - 吉田千穂さんのレシピ  

お茶香る梅ささみの春巻き

印刷する

お茶の香りと梅の酸味が効いたさっぱり味の春巻き。冷めてもおいしいのでお弁当にもおすすめです。

材料

4人分 (8本)

鶏ササミ肉 150g
少々
小さじ1
【A】
梅肉(たたいたもの) 大きめ1個分
みりん 小さじ1
かつお節 3g
茶葉 小さじ1と1/2
 
大葉 16枚
春巻きの皮 4枚
 
【B】
小麦粉 大さじ1
大さじ2
 
お茶塩 適宜

作り方

準備:
・茶葉をお茶ミルで挽く。(細挽き)
・春巻きの皮は半分に切る。
・Aを混ぜ合わせておく。
・Bを混ぜ合わせて小麦粉のりを作る。
1. 鶏ササミ肉は食べやすい大きさに切り、塩と酒をなじませる。 
2. 春巻きの皮を横長に置き、大葉、1、Aの順にのせる。
3. 全体を包むように巻き、巻き終わりを小麦粉のりでとめる。
4. 揚げ油を160~170℃に熱し、3を上下に返しきつね色に揚げる。
5. 器に盛りつけ、お好みで ”お茶塩“をそえる。

道具メモ

SELECT100 お茶ミル

茶葉にはカテキンやビタミンなど多くの栄養素が含まれていますが、茶葉を煎じて飲む一般的なお茶では、茶葉に栄養が残ってしまうため、すべての栄養を摂取することができません。そこで、注目されているのが「食茶」です。茶葉を粉末にして、料理やお菓子に入れることで茶葉の栄養をまるごと摂取することができます。湯のみに粉末にした茶葉とお湯を入れて「粉末茶」として飲んでも、食茶と同様に茶葉の栄養を無駄なく 摂取することができます。今回発売される「お茶ミル」は、食茶や粉末茶を楽しむことができる商品です。お茶の美味しさをより深く味わっていただくために、雑味の元となる微粉を減らし、均一な粗さで茶葉を挽くことができる「フィックスグラインド機構」を採用しました。粉末にした茶葉の活用法に合わせて、粒度を粗目と細目に調節することができます。また、収納時にはハンドルを本体に縦向きに取り付けて、よりコンパクトに収納することができます。