KAI オリジナルレシピ集

プロの料理人をはじめ料理家の先生方監修のオリジナルレシピや
貝印製品を利用したおすすめレシピなどをご紹介します。

+
+
検索する

フードスタイリスト - 安齋はなこのレシピ  

千切りキャベツと鶏肉の混ぜごはん

印刷する

リモートワークの日のランチなど、時間がない時にぴったりな時短レシピ。

材料

1人分

キャベツ 100g(約1/6個)
鶏もも肉(から揚げ用カット済み) 2個(80g)
ごはん 200g
小ねぎ(小口切り) 適量
A
和風顆粒だし 小さじ1
みりん 小さじ1
醤油 小さじ1
小さじ1/4
砂糖 小さじ1/2

作り方

1. 耐熱ボウルにカーブキッチンバサミで鶏肉を小さく切って入れる。
2. 同じボウルにワイドピーラーでキャベツを千切りにして入れる。
3. Aを加えてラップをかけて、600Wの電子レンジで3分加熱する。
4. 3に温かいごはんを加えてよく混ぜる。
5. お椀に盛って小ねぎを散らす

道具メモ

ワイドピーラー(固定式)

キャベツの千切りが簡単にできるワイドサイズのピーラー。刃幅が長く大きな食材も楽にスライスできます。プロの納得する機能とオールステンレスの清潔性を両立させました。刃は切れ味鋭いステンレス刃物鋼を使用し、斜めの刃で刃渡りが長く、少ない力で軽くスライスできます。ハンドルは衛生的な18-8ステンレスです。キャベツの千切りはもちろん、きゅうりのスライス、ごぼうのささがき、オニオンスライスなどサッと簡単にできます。

道具メモ

料理家の逸品 カーブキッチンバサミ

野菜から肉、加熱した食材まで、様々な食材のカットが得意なキッチンハサミです。カーブがついた刃先は、食材を逃がすことなく使いやすさ抜群です。厚みのあるお肉料理も、お鍋の中の調理中の食材だってらくらくカット♪手際の良さをアップして、日々のキッチンライフを心地よくしてくれるツールです。〜便利なポイント〜食材を切ることに適したカーブ状の刃先テーブル上での切り分けにも使えるようなデザイン提案者:祐成陽子(祐成陽子クッキングフードセミナー校長)1975年テーブルコーディネートも学べる世界の料理、お菓子の教室を主宰。1976年料理、製菓器具、材料の専門店を始め、それらを使った講習会も人気を集め、行列ができるほどの繁盛店に成長。その後、カフェや企業のメニュー開発、コンサルティングも手掛け、各方面のメディアに取り上げられる。1988年日本で初めてのフードコーディネーター養成校「祐成陽子クッキングアートセミナー」を設立。