2017/08/23~09/05

自由でおおらかな優しい味わい

残暑厳しい2 週間はカノビアーノ×マルハニチロの優しいイタリアンをお届けします。
さけ水煮缶とスーパーフード “キヌア”や栄養価の高いアボカドなどをレモン
ドレッシングで和えた前菜はキリッと冷えた自然派ワインと共にいかがでしょう。ちょっと贅沢に金線たらばがにとあぶりホタテのタルタルも素敵な選択。年々美味しくなるカラフルトマトとべにずわいがにの一皿はのど越しがよくてお腹に優しい人肌パスタだし、見かけは地味でもしみじみ美味しい鯖缶と淡路島玉ネギのカサレッチェも是非召し上がってほしい!そして、お気に召したらこのレシピリーフレットを活用してご家庭でもお作りいただけますように。

リストランテ カノビアーノ

リストランテ カノビアーノ

東京都目黒区下目黒1-8-1 (ホテル雅叙園東京内) TEL:03-3491-4111 www.hotelgajoen-tokyo.com


今年5月に代官山から目黒のホテル雅叙園東京へ 「変わらぬ味でお待ちしています」と植竹隆政氏
コラム

カノビアーノ×マルハニチロ―― 伝統ある缶詰を使って

 私たちが「イタリア料理には欠かせない」と思い込んでいるアーリオ(にんにく)やペペロンチーノ(唐辛子)を植竹シェフは使いません。旨みが強くて、入れたら美味しさアップのパルミジャーノ・レッジャ―ノも殆ど使わず、何だかとてもシンプル。 実際に作る過程を見せていただいても少ない素材をアッという間に仕上げて……でもいただくと「 ん!? 美味しい~」となって。オリーブオイルと塩の使い方が絶妙だからでしょうか、優しいのに物足りなさは皆無です。
 実は植竹シェフ、にんにくが体質に合わないのだとか。それでアーリオなしのパスタなのだけれど、同じように苦手な人は案外いらして、「カノビアーノのイタリアンなら」と喜ばれているのだそうです。拘りも偏りもない自然体のシェフのお人柄がカノビアーノの味なのだなぁ~と納得です。
 今回は販売 100周年のマルハニチロ“あけぼの金線たらばがに缶”をはじめ、さけ缶やべにずわいがに缶、おしゃれな ラ・カンティーヌシリーズの鯖フィレ缶と植竹シェフの料理とのコラボ企画です。
 シンプルで上質な素材缶と上質な自然派イタリアンの相性は想像以上。きっと皆さまも缶詰の魅力を再発見なさることでしょう。

archives

過去の開催 もっと見る

kitchen stage

東京都新宿区新宿 3-14-1 伊勢丹新宿本店本館地下 1F
明治通り側エレベーター前
お問い合わせ:03-3352-1111 / 営業時間:10:30~20:00(LO.19:00)