KAIグローバルサイト

ホーム > KAIグループについて > ごあいさつ

ごあいさつ

代表取締役社長 遠藤 宏治

貝印株式会社
代表取締役社長 遠藤 宏治

日本の伝統ブランド貝印から世界へ広がるKAIグループへ

2013年、KAIグループは105周年を迎えました。
明治41年の創業以来、多くのお客様に製品をご利用いただき、
キッチン用品、製菓用品、ビューティケア用品といった生活用品から、
医療用品や業務用刃物まで、現在では1万点にもおよぶアイテムを
日本国内、世界各地へと展開しています。

原点は、800年の歴史をもつ日本最大の刃物の都、
岐阜県関市で創業した小さなポケットナイフ製造所から始まりました。
卓越した職人技で、生活に根差した道具をつくる伝統的な野鍛冶の精神。
先進的な工場設備、生産技術の向上など、進化に積極的に取り組んできた革新の精神。
その想いは、カミソリ、包丁、ハサミ、ツメキリをはじめとする、
製品のひとつひとつに脈々と息づいています。

私たちの企業理念は「より多くの人に、より良い商品を」。
この言葉は創業者の祖父から父へ、さらに父から自分へと受け継がれ、
お客様のお手元にお届けする製品に込められています。
高品質と信頼の技術で製品づくりを担うカイ インダストリーズ、
暮らしを彩る幅広い製品の国内販売を一元的に担う貝印、
そして北米、ヨーロッパ、アジア各地に広がるネットワークで、
多くの方々に高品質な製品をお届けしています。

105年という伝統は、多くのお客様からいただいた信頼の証です。
KAIグループはこれからもさらなる深化を続け、
つねにお客様に誠実であること、学び続ける企業姿勢を忘れず、
よりよい製品づくりとサービスのさらなる拡充に努めます。

次の100年を築く確かな一歩へ。
私たちは、いつも新しい貝印ブランドを目指します。

遠藤 宏治