KAI オリジナルレシピ集

プロの料理人をはじめ料理家の先生方監修のオリジナルレシピや
貝印製品を利用したおすすめレシピなどをご紹介します。

+
+
検索する

シェフ - 原田慎次さんのレシピ  

炙ったマグロとフレッシュトマトのカッペリーニ

印刷する

ワンスプーンにおいしさが凝縮された贅沢な一品。
一口ではもったいないけれど、遠慮なくいただきましょう!

材料

(6スプーン分)55kcal(1スプーン)

フルーツトマト 2個
EX.Vオリーブオイル 小さじ1
少々
カッペリーニ 30g
うずらの卵 6個
本マグロ 30~50g
芽ねぎ(極細の葉ねぎ) あれば少々
しその花穂 あれば少々
ピンクペッパー 6粒
黒こしょう 少々

作り方

下準備:
うずらの温泉卵
1ℓの沸騰したお湯に350mlの水を入れ、常温に戻しておいたうずらの卵を入れて5分おく。流水で冷やし、そっと殻をむく。
1. 湯むきしたフルーツトマトをブレンディアのミンサーでピューレ状にし、オリーブオイルと塩を入れて味を調える。マグロは直火で炙り、冷凍庫で冷やして6等分に切っておく。 作り方1画像
2. カッペリーニをアルデンテより少し軟らかめにゆで、冷水で冷やす。キッチンペーパーで水気をとり、1のソースに和える。  
3. スプーンの上に5g程度のカッペリーニとマグロを乗せる。さらに花穂(入手できれば)、芽ねぎ、ピンクペッパー、塩少々、うずらの卵の順に盛って黒こしょうをふる。  
What's It? 「花穂」
花穂(かすい)とは花が軸に沿って穂のように集まった状態。しその花穂は香りつけにはもちろん、薄紫色の花弁が彩りにもなるので、開花しかけの状態で刺身の飾りに使わることが多い。

道具メモ

BLENDIA

ハンディクッキングプロセッサー【blendia ブレンディア 】は、使う人の立場に立って開発しました。アタッチメントやパーツを替えるだけで「つぶす」「きざむ」「混ぜる」「砕く」「泡立てる」といった料理に不可欠な作業を確実に、美しく、しかも短時間でおこなえます。規格定格電圧:100V、定格消費電力:180W、定格周波数/50/60Hz、回転数/HI-17,000回転/分、LO-12,000回転/分、連続使用時間の目安:5分、コードの長さ:約1.7m