2016年入社

経営企画

森谷 篤史

PROFILE

森谷 篤史

森谷 篤史

学部
システム情報工学研究科
学科
経営・政策科学専攻
出身地
千葉県
趣味
サーフィン、海外旅行
特技
ダーツ

インタビューINTERVIEW

遊びたくて
大学院に進学

学生時代は部活や遊ぶことばかりで、高校までは全然勉強していませんでした。大学では情報工学を勉強しましたが、あまり自分には合わなかったです。その時は何のためにこれを学ぶのか、研究するのか、その目的が分からなかったんです。社会に出ることを想定・意識していればまた変わったかもしれません。技術や研究よりも実社会に近いことが学びたいと思い専攻を変えて大学院に進学しましたが、正直言うと楽しい学生生活を2年間延長したかった気持ちもあります(笑)。

大学院では、経営工学や社会システムを学びました。グループでのケーススタディをしたり、企業との共同研究をすることで会社の仕組みや経営に興味を持ち始めたのもこの頃です。留学生も多い専攻だったので、学内外で刺激の多い2年間でした。

私が学生の頃は大学院1年の秋冬には外資系の選考が始まっていました。私は働く環境として、なるべく厳しい環境に身を置いて早く成長したい、また自分の興味や大学院での経営工学が生かせる、という点から外資系コンサルティングファームを第一志望としていました。

経営に近い仕事がしたくて
貝印への転職を決意

2011年、新卒で外資系コンサルティングファームに入社しました。
イメージしていた通り、スピード感があり、自分の責任領域が明確、年次関係なく自分の意見が通り、行動してアウトプット(結果)を出すことが求められます。自分の責任領域であれば自由に仕事がコントロールできる点や、仕事面はもちろん、人間的にも尊敬できる方々もいたため満足できる環境でした。5年半そこで濃い時間を過ごし、前職の仲間も様々な業界・企業で活躍していますが、今でも定期的に交流があります。
しかし、前職の会社は事業規模がとても大きく、本社は海外、自分が影響を与えられる範囲が限られていることも感じていました。もっと会社全体に影響を与えられる、経営に近い役割・責任領域で仕事をしたいと考え、最終的に転職することを決めました。

事業会社を中心に数社を受け、貝印への転職を決断しました。理由は3つあります。
一つ目は、新卒で入社した会社よりも組織がコンパクトかつ経営企画というポジションなので、影響を与えられる領域が間違いなく広がること。
二つ目は、面接で話を聞いて、貝印が最も「会社を変えていきたい」という意志を強く感じられたこと。
三つ目は、これは偶然ですが副社長と私が同じ年齢だったことです。自分と同い年の人が100年企業を背負っていることに驚いたと共に自分もその一助になりたいと考えました。

創業110年を超えた現在でも
なお伸びしろを感じる

2016年10月に貝印に入社しました。経営企画室に配属となりましたが、その頃はまだ小さな部署だったので、個人レベルでの裁量の大きさと、敷かれたレールがないので、自分で道を作りながら走ることが求められると感じたのを覚えています。

入社後は社内の大規模業務改革PJへ参画しました。その中で多くの方々とコミュニケーションを取り、社内の状況、経営と現場の差をインプットできました。貝印は、販社は東京ですが工場は岐阜にあるので、入社3日目には1人で初めて岐阜へ出張し無事に工場へ着いてホッとしたことも覚えています。
ここで入社早々社内の多くの部署の方々と業務を通して交流し、得たものは自分の仕事を進める上での前提となっています。また、そのコミュニケーションの中で、この会社はまだまだ伸びる余地があることも強く感じました。

仕事に迷いが生じたときに
思い出す上司の言葉

経営企画室では事業戦略、財務・経営管理、ブランド戦略などの機能があります。私は全社の予算策定、グループ連結決算、収益性管理・財務基盤構築など、財務面から戦略の実行や全社の成長を押し進める活動しています。特に会計・財務はグループ全体での管理が重要なので、海外出張含め各海外法人メンバーとのコミュニケーションも密に行っています。
しかし社内の現状としては、すべての業務や管理機能が定義され、整理・最適化されている状態ではありません。

今までは事業規模もそこまで大きくなかったので、成り行きで対応できていたと思います。
しかし事業規模も大きくなり、海外売上比率も50%となり、ここから更に各事業を伸ばしていくには、戦略と共に業務の枠組みや管理基盤を整理し、全社としてそれを担保できる仕組みを構築する必要があると考えています。

上司や役員からは、「自信をもってプランを考えてほしい」と言われています。時折「ここまで実現できるのか」と疑問が生まれることもありますが、これから更に100年、200年成長していく企業となることをイメージして、社内の様々な方々にご協力、助言をいただきながら改革を進めています。

貝印が好きという意識が
共有されているので
全員が同じ方向に向かえる

社員の方々と話して常に感じるのは、この会社の社員はみんな貝印が本当に好きだということです。
商品が好き、会社が好き、社長への信頼、これが気持ちのベースとしてあるので、会社を良くするという一つの方向に向かって進めるのだと思います。社員全体のことを「カイファミリー」と呼んでいるのも、こういった所から来ていると思います。
経営企画という機能、立場上、現状を変えていくことが私たちがするべき事なので、時に意見がぶつかったり、当初協力が得にくいこともあります。しかし、貝印をより良くしていくために必要なことだと説明し、そのゴールやステップを明示することで最終的には理解、協力いただけるケースがほとんどです。
そういった貝印が大好きな方々のためにも自分が企画し、取り組んでいることへの責任は大きく感じています。その結果、経営が変わってきている実感も同様に感じており、エキサイティングな環境でやれていると思います。

もちろん私も貝印の商品が好きなので、カミソリや包丁を家で使用し、お店でも無意識のうちに貝印商品を探してしまうことが多くあります。これは入社後に気付いたのですが、私が学生時代から使い続けている「しゃもじ」が貝印のものでした。使いやすくて、無意識のうちに使い続けているものが身近にあったことで、人々の日々の生活に寄り添う貝印の良さを再認識しました。

週末はサーフィン三昧!
長期休暇は海外にも

数年前からサーフィンをやるようになり、冬でもほぼ毎週海に通っています。
以前は金曜になると、会社の人や友人と食事に行くことが多かったです。でも最近は早々に家に帰り、夏は早朝4時、5時くらいから海に入っています。
趣味が災いして、最近の悩みは肌が色黒になっていることです(笑)。また、体格も変わったので、持っていたスーツが全部着れなくなりました。それでも、海は私にとって何ものにも代えがたい、大切なものです。
1週間くらい休みが取れるときは海外リゾートによく出かけています。サーフボードを持ってバリへ旅行したのも良い思い出です。もちろん、110周年のハワイ社員旅行の際にもサーフィンしました。残念ながら波は小さかったですが(笑)

大きく働ける環境が
貝印には整っている

おそらく多くの学生の皆さんは「有名企業・大企業に入りたい」という志向が強いと思います。私自身も同じ考えでしたし、基本的には正しいと思っています。
ただ、社会に出ると基本的には大きく2通りの働き方があり、そのどちらかになると考えています。
それは「大きな会社で小さく働く」か、「小さな会社で大きく働く」か。

大きな会社だと経験の浅いうちは任されることも限られます。しかし、小さな会社は1人の社員の担当業務が広くなるので、必然的に経験が浅くてもより多くのことを任される環境になるように思います。
私は大きな会社に入りましたが、端的に言えば小さく働くことに満足できなくて、貝印に転職しました。
そして、貝印で働いてみて、「ここにはある程度大きく働ける環境がある」と感じています。

もちろん、どのような働き方を選ぶかはそれぞれの考え方次第です。もし、大きく働いてみたいと考えているなら、貝印はおもしろい環境なのではないかと思います。

SCHEDULE

スケジュール

1日のスケジュール

7:30~ 出社、ToDo 確認、資料チェック
8:50~ 朝礼
10:00~ チームミーティング(中・小日程レベルでの状況、課題、進め方確認)
10:30~ プロジェクト資料作成
12:00~ 昼食
13:00~ 外部業者とのプロジェクト会議
15:00~ 経営層への報告資料の作成
18:30~ 帰宅
19:30~ Skypeにて英会話レッスン