HOW TO USE ツメキリの正しい使い方

爪のお手入れは一生のお付き合い。それなのに、爪のことはあまりよく知らないままお手入れしているという人は多いのではないでしょうか。
ここでは、爪のもつ役割と正しい爪の切り方についてご紹介します。日頃行なっているお手入れのやり方と比べてみてください。

爪と周辺組織の名称、働き

そもそも私たちにはなぜ爪があるのでしょうか?
爪には大切な役割があります。
ひとつは、指先の皮膚の保護です。指先をケガから守り、またバイキンが侵入するのを防いでくれます。
もうひとつは指先に力を入れられるようにするためのものです。爪がないと指先に力が入らなくなり、物をうまくつかむことができなくなってしまいます。物をつかむ際に爪が支えとなって、私たちは物をつかんでいるのです。

爪と周辺組織の名称、働き

以下に、爪と周辺組織の名称とはたらきをご紹介します。

横線(おうせん/イエローライン)
・・・指先を保護している爪の部分が指先から離れないように固定する役割があります。

爪甲(そうこう/ネイルプレート)
・・・指先を保護する役割があります。硬いケラチン(硬タンパク質)でできています。

爪半月(そうはんげつ/ルヌーラ)
・・・新しく生まれた爪の部分です。新生した爪の部分には水分が多く含まれているため、白く見えます。

爪上皮(そうじょうひ/キューティクル)
・・・爪の根元と皮膚との境にある薄い皮のことです。つまり、甘皮のこと。指のなかに細菌や異物が侵入するのを防ぐ役割があります。

爪上皮角質(そうじょうひかくしつ/ルースキューティクル)
・・・甘皮、つまり爪上皮から発生した角質のことです。爪甲の根元の部分に付着しています。

手の爪の正しい切り方

手の爪の正しい切り方

手の爪は、1日に約0.1mm伸びるといわれています。1ヶ月ですと、約3mm。
このことから、手の爪を切るタイミングは5〜7日に一度がベストでしょう。

爪を切るのは、お風呂上がりなど爪が柔らかくなっている時が最適です。
お風呂上がりに爪を切るのをおすすめするのは、乾燥した状態で切るよりも爪にかかる負担が少ない上、清潔な状態で感染症のリスクが低減するからです。


爪を切る時は、先端が指先の輪郭に合うように、爪の端から数回に分けて少しずつ切っていきます。
角の部分を切ると割れてしまう可能性があるため、ヤスリで丸めていきます。
また、爪の先端から指先が見えるように切ってしまうと深爪になってしまうので注意が必要です。

足の爪の正しい切り方

足の爪は、1日に約0.05mm伸びるといわれています。1ヶ月ですと、約1.5mm。
このことから、足の爪を切るタイミングは10〜14日に一度がベストでしょう。

足の爪を切るのは、お風呂上がりなど爪が柔らかくなっている時が望ましいといえます。
理由は手の爪と同じです。

爪を切る時は、まず指先の高さに合わせて、同じ高さのところでスクエアに切ります。
その後、ヤスリを使って爪の両端を軽く丸めていきます。

切った後のお手入れでより美しく、健康な爪に!

爪は、あまり伸ばしすぎてしまうと、指から離れれば離れるほど弱く、もろくなる性質があります。
そのため、割れたり、傷つきやすくなったりしてしまいます。
ですから、定期的に爪を切ることが大切なのです。

切った後は、長さや形を整えるのにネイルファイルを使います。
ここでいうファイルとは、英語で「ヤスリ」のこと。切った爪の断面と形を整えるために用いられます。

往復でファイルをかけてしまうと爪を痛めてしまいますので、基本的に一定方向にかけるようにしましょう。

爪の輪郭に沿って、優しく削るのがポイントです。
ヤスリは目の粗い方から使い始め、目の細かい部分で仕上げます。

オススメ製品紹介 PICK UP PRODUCT