HOW TO USE ニッパーツメキリの使い方

ネイルサロンでしか見たことがないという人も多いニッパーツメキリ。
実はその歴史は古く、無骨な見た目とは裏腹に女性でも扱いやすいアイテムになっています。そんなニッパーツメキリはどんな風に使えばいいのでしょうか?どんな爪に適したツメキリなのでしょうか?
ここではニッパー型のツメキリの特徴と、その正しい使い方をご紹介します。

ニッパーツメキリの特徴

ニッパーツメキリの特徴

ツメキリといえば世界的に見ても圧倒的なシェアを誇るのはテコ型です。
しかし、ニッパー型のツメキリも、ネイルサロンをはじめとしたプロフェッショナルの現場を中心に毎年売れ行きが伸び続けている商品となっています。

そもそもニッパー型は大正時代の末期に登場したツメキリ。
その歴史は古く、今でも「ニッパーの方が爪を切りやすい」という方が高齢者を中心に少なくありません。

つまり、プロユースのみならず、個人の方でも扱えるアイテムなのです。
なお、貝印では1982年からニッパー型のツメキリの販売を開始しています。

ニッパー型のツメキリは、線材などを切る際に使う工具のニッパーとほとんど同じ構造をしています。
テコ型やハサミ型のツメキリと同様に、二枚の刃で爪を挟み込み、テコの原理を使って爪を切断します。

刃が厚く剛性があるのがニッパー型ツメキリの特徴です。
テコ型に比べ、切断した時の感触がすぐに伝わるのも特徴のひとつといえるでしょう。

こんな爪にはニッパーツメキリでのお手入れがおすすめ

そんなニッパーツメキリで切るのに適した爪はどういうものがあるでしょうか。

通常のテコ型に比べ、ニッパー型のツメキリは大きく刃を広げることができ、分厚く硬い爪を軽い力で切ることが可能です。

そのため、指よりも硬い足の爪や、女性よりも分厚い男性の爪を切るのに適しています。

ニッパー型のツメキリが巻き爪のケアにも用いられるのは、細やかな動きのできるニッパー型の特徴ならではでしょう。
スプリングが付いているので、女性でも硬い爪や足の爪を簡単に切ることができるようになっています。

また、その形状を活かし、甘皮やささくれのケアに特化したニッパーもあります。ニッパーの先端部分を使って、根元からささくれをカットすることができます。

ニッパーツメキリの正しい使い方

ニッパーツメキリの正しい使い方 ニッパーツメキリの正しい使い方

テコ型のツメキリを使用している人のなかには、一枚の爪に対し2〜3回で切ってしまうというケースもあるようです。
しかし、これは爪に余計な負担をかけることになり、決してよいやり方とはいえません。

一方、ニッパー型のツメキリは、複数回に分けて細かく切っていくのがベストな方法です。

刃全体に爪を引っ掛けるのではなく、少しずつ切っていくことがポイント。


指の輪郭に合わせて、端から数回に分けて切っていきます。
丸みを帯びた形になるよう、小刻みに切ることを心がけましょう。

端から切っていくと、角が残ることになりますので最後に角を切り落とします。

角を落とし忘れると、後で顔などを引っ掻いたりしてしまうことがあるので必ず切り落とすようにしましょう。