2017年入社

総務

白石 久乃

PROFILE

白石 久乃

白石 久乃

学部
家政学部
学科
家政経済学科
出身地
岐阜県
趣味
旅行、温泉巡り

インタビューINTERVIEW

貝印の第一印象は
若い女性でも働きやすそう

大学3年のとき、就職活動生を対象にした企業見学バスツアーに参加しました。1日で5社ほどを回りましたが、その一つに貝印がありました。
その後、合同会社説明会に参加。私は一般職が希望であることを伝えると、一般職の採用も行っているということで応募することにしました。

実はそのときまで、貝印の製品も私は包丁くらいしか知りませんでした。そのため、貝印で働いているのはベテランの職人さんばかりで男性社会というイメージをもっていたのです。
でも説明会でKOBAKOなどのビューティケア製品やリラックマとコラボしたキッチンツールなどもつくっていることを知りました。
そしてお会いした社員の方も同世代の女性で親しみやすい雰囲気だったので、若い女性でも働きやすい会社なのだと感じました。

大きな失敗を経験し
業務の再確認を
習慣づけるように

入社後、私は総務部に配属されました。最初は社員の慶弔関係の手続き、そして現在は勤怠関係や福利厚生に関することを主に担当しています。
総務の大切な仕事のひとつが、社員が安心して快適に働けるように事務手続きなどのサポートをすることです。
しかし私は一度大きな失敗をしてしまいました。

岐阜のカイ インダストリーズ株式会社には東京の貝印株式会社から出向で来ている方も多くいます。その方たちの勤怠は私たちが管理して、翌月に貝印の総務へ送ることになっています。
私は出向の方の勤怠を間違った数字で作成をしていました。途中で前任者に気づいてもらえたので良かったものの、自分の確認不足が多くの人に多大な迷惑をかけることになると身を持って感じました。
以来、仕事を終えた後に確認する時間を持つようにすると同時に、ダブルチェックしてもらえるようなスケジュールを立てるようになりました。
ミスをしたときは落ち込みましたが、注意してもらえたからこそ自分の確認の甘さに気付けたのだとありがたく感じています。

社員が気軽に相談できる
雰囲気づくりを大切に

総務には社内のあらゆる部署から問い合わせが入ります。
私は些細な問い合わせにも極力笑顔で応えるように努めています。
たとえば申請業務の場合、事前申請と事後処理では手続きの煩雑さが全然違います。事後処理は私たちの仕事が大変になるだけでなく、社員の手間も取らせることになってしまします。

早い段階で相談や問い合わせをしてもらったほうがお互いスムーズに仕事を進められますが、私たちが無愛想だったり相談しづらい雰囲気だと、社員の方々も億劫になり、結果的に迷惑をかけてしまうでしょう。
だからこそ私たちはどれだけ忙しいときでもピリピリした雰囲気を出さず社員の方々が相談しやすい雰囲気でいることを心掛けています。

小さな声も拾い上げて
働きやすい環境を
つくってもらえる

貝印には、ベテランの方だけでなく若い社員でも会社にいろいろな意見を言える雰囲気があります。
その一つが「週報」という制度です。
週報は全社員が毎週気付いたことや、提案、報告を120~170字で掲示版にアップ。内容は全社員が閲覧でき、社長も目を通してくれています。

私と同じ事務の方が「昼休みに社員が一斉に食堂に集まるため席が足りずに困っている」ということを週報に書きました。
すると部門ごとに昼休みをずらすことが決定。食堂の混雑が一気に緩和されたのです。
小さな声も広い上げて業務が改善され、社員が快適に仕事ができるようになることに嬉しくなりました。

福利厚生が充実しているから
働くことが楽しくなる

私が貝印に入社を決めた理由のひとつに、福利厚生が充実していたことがあります。
岐阜の本社では食堂のお弁当を168円で買うことができます。
年末には岐阜に勤務している全社員にお歳暮が送られたり、誕生日や結婚記念日のお祝いなどももらえます。
友人と職場の話になると、羨ましがられることが多いですね。

また、貝印には「貝友会」というものがあります。分かりやすくいうとクラブ活動のようなもので、スキー部や野球部などがあり、社員が部署の垣根を超えて思い思いに活動しています。
働く環境はもちろん、楽しみも充実しているからこそ、日々の業務にも集中できるのだと思います。

有給休暇が取りやすいから
旅行も存分に楽しめる

私の趣味は旅行。貝印は福利厚生でホテルや旅館などとも提携しているので、たとえば会員制のホテルに宿泊ができたり、素泊まりだと1泊3000円で温泉旅館に泊まれたり、一般の値段で部屋に露天風呂がついたロイヤルルームにアップグレードできたりします。
有給休暇も取りやすい雰囲気です。リフレッシュ休暇を利用し、私も入社してから何度か海外旅行に行かせてもらいました。
それぞれの部署でメンバーの業務をフォローしているので、お休みを取りやすい雰囲気があるのだと思います。
余暇が充実しているからこそ、仕事にも存分に打ち込めるのだと思いました。

貝印は女性に優しい会社
だから安心して働ける

入社して日が浅いながらも、貝印は本当に社員思いで働きやすい環境が整った会社だと感じています。
女性の立場から見ると、女性社員にすごく優しい会社だとも感じますね。
たとえば出産して産休・育休を取得した後も復帰しやすい制度がありますし、何より社員に理解があります。

もし将来、結婚して子どもが生まれた場合でも、長く仕事を続けられる。貝印で働いているとそんな安心感があります。
仕事はもちろん、家庭も大切にしたい。ワークライフバランスを考えて仕事をしたいという人にとって、貝印はピッタリの会社だと思います。

SCHEDULE

スケジュール

1日のスケジュール

8:15〜 出社
8:20〜 朝礼
9:00~ メールチェック
10:00~ 天引き、補助リスト作成
10:30~ 勤怠チェック、集計
12:35〜 昼食
14:00~ 労務統計資料作成
16:00~ 有休関係資料作成
17:30~ 帰宅