KAI FACT magazine
社長、なにしてますか? vol.12
FACT  No.12

社長、
なにしてますか? vol.12

僕の自宅へようこそ。ちょうど玄関先で靴磨きをしていたところです。最近凝り始めたばかりの靴磨きですが、すっかり週末の習慣になってきました。毎回1時間近くかけて、2〜3足の靴を丁寧に磨きます。足元はその人となりを表すといいますし、挨拶を交わす時には必ず相手の足元に目が行くもの。そんな時に靴が汚れていると、いい印象は与えないですよね。身だしなみを整えることは、相手のためにとても大切なことだと思います。靴に限らず、身の回りはいつも清潔にしていたいものですね。
靴磨きは包丁研ぎに通じるところがあります。しっかり研いで切れ味がよくなると嬉しいように、靴も丁寧に磨いてピカピカになると心まですっきりして、気持ちがいいものです。モノも道具も、手入れが大事。長持ちするように靴は毎日履き替えますし、かかとが潰れるといけないので、僕は〝マイ靴べら〟を持ち歩いています。
ひとりで黙々と集中する靴磨きですが、この無心の時間がいいんですよ。あ、雨が降ってきたかな?梅雨どきは特に入念な手入れが必要なので、いつもより長く集中する時間ができそうですね。さてと、次はこのクリームを塗って…。

岐阜県関市にある遠藤社長の自宅にて。最近読んだ本『自分が変わる靴磨きの習慣』(長谷川裕也著、ポプラ社)に影響を受け、道具一式を買い揃えるところから始めたという遠藤社長。デニムのエプロンを身につけ、お気に入りの靴を淡々とブラッシングする姿は、すっかり板についている。

KAIグループ代表取締役 兼 CEO
遠藤宏治
えんどう・こうじ/KAIグループ三代目社長。1955年岐阜県関市生まれ。1989年に父の後を継いで社長に就任。趣味は読書、ゴルフ。


  • この記事をシェアする
  • twitter
  • facebook
  • printerest