12th大会情報

大会概要

第12回貝印スイーツ甲子園

本大会は貝印が主催する、高校生のスイーツ日本一を決定するイベントです。
2019年4月時点で同一の高校に在学している高校生3人1組でチームとなり、お菓子作りの技術とアイデアを競い合います。

テーマに沿ったオリジナルのレシピ(テーマ作品)を応募期限内に提出いただくことで応募が完了し、大会アドバイザーの大森由紀子先生、審査員の日本を代表するパティシエの皆さんが書類選考を行います。
書類選考では、全国を東西2ブロックに分け、各ブロックそれぞれ12チームの計24チームを選出します。

書類審査を通過したチームは予選大会にて調理試験と筆記試験(※)を行います。調理試験では、応募いただいたテーマ作品と、課題作品(ジェノワーズにクリームをサンドしたデコレーションケーキ)の2つを3時間以内に作成していただきます。
※筆記試験は、製菓全般に関する選択式のテストを予定しております。事前に練習問題も用意致します。

予選大会を勝ち抜いた4チームには、決勝大会にて2時間30分以内にテーマ作品を作成し、優勝を目指していただきます。

テーマ作品

今年のテーマ
「カスタードを使ったケーキ」

カスタードを必ず使用して、高校生らしい新しい使い方や組み合わせのケーキを開発してください!
カスタードは、ソースやクリーム等使い方に制限はありません。

テーマ作品に関する詳細な規定は募集要項ページをご確認ください。

課題作品

■ レシピと審査のポイントを紹介しています。
※書類応募時はテーマ作品のレシピ制作のみです。課題作品の提出はありません。
課題作品
ジェノワーズにクリームをサンドした
デコレーションケーキ
詳しくはこちら

実施スケジュール

2019年4月8日(月)
応募開始
2019年6月7日(金)
応募締切
2019年7月上旬
書類審査結果発表
2019年8月1日(木)、2日(金)
西日本予選大会 日本調理製菓専門学校にて開催
2019年8月6日(火)、7日(水)
※出場者の交通宿泊費は貝印が負担します。
東日本予選大会 東京栄養食料専門学校にて開催
2019年9月15日(日)
決勝大会 武蔵野調理師専門学校にて開催(予選を勝ち抜いた4チーム)

賞品

決勝大会

  • パリ研修旅行写真
    決勝大会優勝
    有名パティシエに会える!豪華パリ研修旅行

    ※旅行は2020年2~3月の春休みを予定しています。