海外営業部門

マーケットに合わせ貝印グループの製品やブランドを全世界に発信していく部門

  1. 営業活動
    現地法人や現地代理店を通してお客様が欲しい商品は何か、どんな商品がどのマーケットで可能性があるのかを、試行錯誤しながら日々の業務に取り組んでいます。
  2. マーケティング
    現地法人・現地代理店に出荷して終わりでは無く、ブランド認知向上のためには、どういった取り組みが求められるのかも考えます。現地から要望があがってくることもありますし、日本から提案することもあります。現地とコミュニケーションを密に取りながら、施策を考えていきます。
  3. 製品の輸出手配
    実際の手配は船積担当者が行いますが、特恵関税や仕向地の法規制に則った特別対応が必要になる場合は営業担当者が指示を出し、適切に出荷がされるように手配を進めます。そのため、担当地域・国の法規制についての知識も求められます。

海外営業部門の社員インタビュー