貝印しっくり眉プロジェクト2020

5ステップでかんたん! 眉毛の整え方描き方

理想の眉毛づくりには、
ツールをうまく使ったコツがあるんです!
美眉アドバイザー玉村麻衣子さんによる、
眉毛の整え方、描き方、カットの方法をご紹介。

STEP1 眉メイクを
した状態で
スタート

先に眉毛を描くところからはじめます。眉処理をする時にいきなりすっぴん眉毛で始めるのはNG。
すっぴん眉毛でカットしようとすると、どこまで切って良いのか分からず眉毛を切り過ぎてしまったり、左右のバランスが悪くなってしまいます。
まずは『眉頭・眉山・眉尻』の基本の位置に眉メイクをしましょう。

Check Point!

眉頭
小鼻のくぼみの真上
眉山
黒目の外側のフレームから目尻の間 ※ストレート眉の場合
眉尻
小鼻と目尻を結んだラインの延長線上 ※長め眉の場合 口角と目尻を結んだラインの延長線上 ※短め眉の場合 眉尻は眉頭より下がらないようにするのがポイント!

STEP2 眉メイクから
はみ出た毛を
カット

ステップ1で『眉頭・眉山・眉尻』の基本位置を確認して、眉メイクをしたら、眉メイクからはみ出た毛が上下にあるのが分かると思います。
この眉メイクからはみ出た毛が不要な毛です!まずは、マユハサミを使用して、不要な毛を根元から短くカットしていきましょう。

STEP3 毛の長さ・
毛量を調整

眉毛の長さを整える時のポイントは、眉毛全体を均一の長さにカットしないこと。一見、正面から見ると毛が短くなって、軽くなったように見えますが、横から見るとチクチクとたわしのように見えたり、地肌が悪目だちしたりすることも。コームを使って眉毛を下から上に持ち上げ、コームの背の部分のラインと眉毛の上の輪郭を合わせます。その際、コームからはみ出た毛をマユハサミでカットすることで、長い毛のみ簡単に切ることができます!

STEP4 メイクオフ&スキンケア

眉メイク通りに綺麗に眉毛を整えたら、一度クレンジング&洗顔をして眉メイクをオフしましょう。
ここでのポイントは、メイクを落とした後、次のステップに進む前に化粧水や乳液で肌を保湿して眉をケアしやすいように整えること。

STEP5 カミソリで
不要な毛を
除去

スキンケアをした後、ステップ2で短くカットした不要な毛をカミソリで剃っていきます。ここでのポイントは、カミソリを持っていない方の手でこめかみ部分を軽くひっぱって、肌を張った状態でカミソリを当てること。肌の凹凸がフラットになり、スムーズにカミソリを当てることができます。
眉尻の外側や眉下の毛は、うぶ毛がなくなるだけでも目元がパッとワントーン明るく見えるため、しっかり処理するのがおすすめです!剃った後の肌は敏感な状態なので最後にしっかり保湿するのも忘れずに。

Check Point!

眉剃りの方向をチェックしましょう!

眉上 ➤
上から下に
眉尻 ➤
斜め上から下に
眉下 ➤
上から下に

玉村麻衣子 さん

美眉アドバイザー

アイブローの技術者資格『Browtist ®(ブロウティスト ®)』保有。国内大手化粧品会社でのメイク・エステ講師、美容ライターを経て、現在は眉のスペシャリスト"美眉アドバイザー"として活動中。
「眉は表情を生み出し、印象を変える大切なパーツ」という理念のもと、人の筋肉や骨格に基づいたアイブローデザインやアイブローメイクのポイントを、眉メイクレッスンや雑誌の監修、執筆活動などを通じて紹介している。

アイブローの技術者資格『Browtist ®(ブロウティスト ®)』保有。国内大手化粧品会社でのメイク・エステ講師、美容ライターを経て、現在は眉のスペシャリスト"美眉アドバイザー"として活動中。
「眉は表情を生み出し、印象を変える大切なパーツ」という理念のもと、人の筋肉や骨格に基づいたアイブローデザインやアイブローメイクのポイントを、眉メイクレッスンや雑誌の監修、執筆活動などを通じて紹介している。

眉を知り尽くした眉オタスペシャリストより徹底レクチャー!しっくり眉プロジェクト100人眉チェンジ企画

Before → After

2020年11月に実施されたイベントにて、
玉村 麻衣子さん、かじえりさん、兵藤 小百合さんより
100人にしっくり合う眉の作り方をレクチャーしていただきました。
その中から、一部「Befrore・After」をご紹介いたします。
参考になる形があったら、ぜひ真似してみてくださいね!

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

Before

After

全体After

かじえり さん

メイクアップアーティスト / YouTuber

メイク講師をしながらYouTubeで実用性のあるテクニックを公開している次世代の発信型メイクアップアーティスト。ナチュラルに変身できるメイク技術が幅広い世代の女性に人気。YouTube登録者数20万人、Instagram10.9万人、Twitter3.7万人を誇る。

メイク講師をしながらYouTubeで実用性のあるテクニックを公開している次世代の発信型メイクアップアーティスト。ナチュラルに変身できるメイク技術が幅広い世代の女性に人気。YouTube登録者数20万人、Instagram10.9万人、Twitter3.7万人を誇る。

兵藤小百合 さん

メイクアップアーティスト

映像・広告・宣材写真など、「美」に対する仕事に幅広く携わっており、登録者約16万人のYouTubeチャンネル「大人のキレイになるメイク」にて、プロ視点でメイクや美容動画の配信をしている。化粧監修やアドバイザーとしても活躍し、メイクデモストレーションやイベントにも出演している。

映像・広告・宣材写真など、「美」に対する仕事に幅広く携わっており、登録者約16万人のYouTubeチャンネル「大人のキレイになるメイク」にて、プロ視点でメイクや美容動画の配信をしている。化粧監修やアドバイザーとしても活躍し、メイクデモストレーションやイベントにも出演している。

「しっくり眉プロジェクト」
ローンチイベントレポート

2020年10月6日(火)眉に悩む沢山の方々を対象に、貝印の様々なビューティーツールを使用したサポートを行う『しっくり眉プロジェクト』のローンチを記念したイベントをZoomウェビナーにて開催いたしました。
このイベントでは、眉のスペシャリスト“美眉アドバイザー”として活躍する玉村麻衣子さんにご登壇いただき、音波振動カミソリ「bi-hada ompa」をメインとするビューティーツールを使用した「しっくり眉づくり講座」を開催。

貝印 美眉づくりに使えるツール

自分に合った”しっくり眉”をつくるのに
欠かせないのがツール。
貝印では、様々な用途に合わせた
アイブローツールがございます。

  • bi-hada ompa L ホルダー 替刃2個付

    bi-hada ompa L ホルダー
    替刃2個付

    シリーズ累計出荷数量600万個を突破※した大ヒット音波振動カミソリ。1秒間に約100回振動する音波振動によって刃が円を描くように動くため、肌への抵抗が少なくなり、まるでなでるような感覚で剃ることができる。鼻や眉周りなど細かなパーツの処理に。 ※ 2020年6月時点

  • bi-hada ompa T ホルダー 替刃2個付

    bi-hada ompa T ホルダー
    替刃2個付

    2020年3月に発売された音波振動カミソリのT型タイプ。
    1秒間に約100回振動する音波振動によって刃が円を描くように動くため、肌への抵抗が少なくなり、まるでなでるような感覚で剃ることができる。おでこや頬など広い面の処理に。

  • ズレずにつかむ毛抜き

    ズレずにつかむ毛抜き

    毛抜きの先端がズレにくく、しっかりムダ毛をつかめる基本性能を追求して開発された毛抜き。先端がピッタリ閉じるストッパー、先端が横ズレしにくい毛抜き内側の独自設計と、側面のくぼみに指の腹がフィットする「指と一体化構造」(特許取得)により、軽い使用感で狙ったムダ毛をつまみやすい。

  • クシ付マユハサミDX

    クシ付マユハサミDX

    貝印のロングセラーのマユハサミ。クシとハサミが一体化しているので、片手で楽に眉の長さをカットすることが可能。カーブ形状のハンドルでカットしているところも見やすい。クシは着脱可能。主に眉の毛流れを梳かす&長さの調整に使用。

  • 眉スキハサミ

    眉スキハサミ

    眉用のスキハサミ。小さなスキ刃が付いていて、少しずつ眉の濃さを整えられるアイテム。特に眉が濃い人、眉の濃さがまばらな人が濃さを整える際に便利。カーブ形状のハンドルなため、カット部分も見やすい。主に眉の濃さの調整に使用。

  • cosmeup 熊野筆 アイブローブラシ

    cosmeup
    熊野筆 アイブローブラシ

    2020年新商品。筆の都として知られる広島県・熊野町の伝統技術を生かして作られた化粧筆。アイブローブラシにはバジャーの毛を使用。コシが強い一方、毛先は細いため、細い線を描いたり、ぼかしたりするのに適している。主に眉を描く際に使用。

  • cosmeup スクリューブラシ

    cosmeup スクリューブラシ

    キャップ付きなため、ブラシを清潔に保管しやすい。また、使用時にはキャップを反対側に挿すことで、持ち手が長くなり、持ちやすさもアップ。主に眉の毛流れをとかす際に使用するアイテム。

「濃い眉」さんには…

眉の濃さが気になる方は、スキハサミを使って、気になる部分を何度かカットして調節をしましょう。実は最も太くて長い毛が密集しているのが、「黒目の上部分」です。 黒目の上部分の眉を1〜2回カットするだけで、眉をすき過ぎることなくきれいに仕上げることができます。

閉じる

残った毛が気になる方は…

眉の処理の時に、毛抜きで広範囲の毛を抜くのは、肌への負担がかかりやすくなります...。そのため、毛抜きは気になる部分だけ、ピンポイントで使用するのがおすすめ。カミソリの使用と同じようにこめかみの部分を横に引き、肌をピンと張った状態で抜くことで、負担を抑えることができます。

閉じる

顔全体のうぶ毛ケアをしたい方

眉まわりの毛だけでなく、顔全体のうぶ毛を定期的に処理することもおすすめです!うぶ毛を約1ヶ月に一度ケアすることで、顔を覆っている不要な毛がなくなり、肌の色をワントーン明るく見せることができます!さらにファンデーションが密着しやすくなったり、化粧水や美容液が馴染みやすくなるなど、普段のメイクやケアでも嬉しいことがたくさんあります。

閉じる