KAIグローバルサイト

ホーム > KAIグループについて > KAIグループとサステナビリティ

持続可能な経営に対するKAIグループ指針

KAIグループは企業理念に基づき、お客さまはもちろん、取引先、従業員、グループ会社、協力会社など、
すべてのステークホルダーと協力し、自然環境と暮らし、未来に向けた持続可能性を守り、
社会やサプライチェーンと連携しながら継続的発展を進めていくために、本指針を制定します。

  • 1.よりよい製品・サービスづくり
    製品・サービスを通じた新たな価値創造により、
    社会や環境の課題解決と、持続的発展に貢献します。
  • 2.当社の社会的責任
    法規制を遵守し、労働環境の整備、環境の継続的改善、
    社会とサプライチェーンの持続的発展のための社会的責任を果たします。
  • 3.ステークホルダーの尊重
    従業員はもちろん、関与するあらゆるステークホルダーに対して、
    その自主性や公平性を尊重し、人権とともに多様な文化や価値観を尊重します。
  • 4.企業価値向上と社会への貢献
    自社の発展だけでなく、経済社会全体の発展に寄与し、
    伝統と革新の融合による企業価値の向上を目指します。
  • 5.安心と安全の提供
    バリューチェーンの持続的な改善により、安心・安全を提供し
    さわやかであじわいのある日々をお届けします。
  • 6.環境保全への取り組み
    業務活動において環境保全を目的とした体制を整備し、
    カーボンニュートラル、資源の有効活用、持続可能な調達などを推進します。
  • 7.公開と周知啓蒙
    このサステナビリティー指針はすべての従業員に周知するとともに、社外にも公開し、
    社員教育とともに得意先・仕入先を含めた関係者に対する  協力要請と啓発活動に努めます。

2021年10月
貝印株式会社
代表取締役社長 兼 COO

遠藤 浩彰