KAI

HOME > 新着情報 > プレリリース2010年 > 切れ味の良さはもちろん、鋼材を33層に重ねてできたダマスカス模様が美しい 包丁「関孫六」の最上位シリーズ8アイテムを発売

新着情報

プレスリリース プレスリリース一覧

切れ味の良さはもちろん、鋼材を33層に重ねてできたダマスカス模様が美しい
包丁「関孫六」の最上位シリーズ8アイテムを発売

2010年09月21日
貝印株式会社

No.57092137

    貝印株式会社では、当社包丁ブランド「関孫六」から、ステンレスを33層に折り重ねた積層鍛造による高級材を採用した、切れ味良く、日本刀のような美しいダマスカス模様が特徴の最上位シリーズ8アイテムを、8月20日よりホームセンターやGMSなどを通じて全国で発売しています。

上:「関孫六 ダマスカス 三徳 165mm」 中:「同 小三徳 145mm」 下:「同 ペティーナイフ 120mm」

   今回発売の包丁は、切れ味、使い心地、デザイン性という機能美を追求した関孫六の最上位シリーズです。刃先にあたる部分(芯材)に高硬度の高炭素ステンレス刃物鋼を使い、包丁の側面にあたる部分に硬質、軟質の2種類のステンレスを左右それぞれ16層に重ね合わせた積層鍛造による多層鋼を採用しています。刃先が露出することで、錆びにくく鋭い刃付け加工が可能となり、刃体は計33層の積層となることで強靭さが備わっています。また、この積層は日本刀のような美しい波紋となって刃体に表れ、1本1本すべて異なる模様を作り出します。
   刃付はプロ仕様の包丁同様、一度目の刃付加工後にできるエッジ(角)を当社独自の研磨技術でさらに削ぎ落として抵抗を減らし、食材への切込みの鋭さと滑らかさを同時に実現しています。さらに、食材が刃体側面に吸着してブレーキ作用を起こすのを防ぐため、刃体の両側面の中ほどを厚く仕上げる特殊スキ加工を施し、快適に切れるようにしています。
   ハンドルは、高圧縮することで腐りの原因となる空気や水分を入りにくくした積層強化木を使い、口金・尻金で美しく強化しています。また、逆三角形にすることで手に馴染みやすくしています。
   三徳(刃渡り145mm、165mm)2種類をはじめ、ペティーナイフ(刃渡り120mm、150mm)2種類、牛刀(刃渡り180mm、210mm)2種類、菜切り(刃渡り165mm)1種類、パン切りナイフ(刃渡り240mm)1種類の計8アイテムを展開します。

「関孫六」の由来について

   当社は約100年前に岐阜県関市で誕生し、現在も生産拠点を置いています。ここは刃物の町として有名で、鎌倉時代に九州から関(美濃)に移り住んだ刀鍛冶が、良質の土、水、炭に恵まれたこの地で刀剣作りをはじめたのが関鍛冶の起源といわれます。多くの名刀が生まれましたが、中でも名匠といわれた「関の孫六」は独特の作刀で、美しく芸術性の高い、切れ味抜群な最上の業物を世に送り出しました。「関孫六」はこれにちなみ名付けており、27代目「兼元」の名を持つ金子孫六氏による銘を製品一つひとつに刻み、その匠の技、切れ味を現代に伝えています。

 

商品名/価格

・関孫六 ダマスカス 三徳 165mm 10,000円(税込10,500円)
・関孫六 ダマスカス 小三徳 145mm 9,000円 (税込9,450円)
・関孫六 ダマスカス ペティーナイフ 120mm 8,500円 (税込8,925円)
・関孫六 ダマスカス ペティーナイフ 150mm 9,000円 (税込9,450円)
・関孫六 ダマスカス 牛刀 180mm 11,000円(税込11,550円)
・関孫六 ダマスカス 牛刀 210mm 12,000円(税込12,600円)
・関孫六 ダマスカス 菜切り 165mm 11,000円(税込11,550円)
・関孫六 ダマスカス パン切りナイフ 240mm 12,000円(税込12,600円)

 

■ 本件に関するお問い合わせ先

【報道関係の方】
貝印株式会社 経営企画室
〒101-8586 東京都千代田区岩本町3-9-5
TEL 03-3862-6414

【一般の方】
貝印株式会社 お客様相談室
TEL 0120-016-410 (9:00~17:00 ※土・日・祝日を除く)
お問い合わせはこちらから http://www.kai-group.com/support/