KAI

HOME > 新着情報 > プレリリース2015年 > 貝印オリジナルの新構造で、鋭い切れ味がよみがえり、持続する!電動包丁研ぎ器 KaiHouse 「ザ・シャープナー」新発売

新着情報

プレスリリース プレスリリース一覧

貝印オリジナルの新構造で、鋭い切れ味がよみがえり、持続する!電動包丁研ぎ器 KaiHouse 「ザ・シャープナー」新発売

2015年09月09日
貝印株式会社

No.2015090913

貝印オリジナルの新構造で、鋭い切れ味がよみがえり、持続する!
電動包丁研ぎ器 KaiHouse 「ザ・シャープナー」新発売

   国内包丁シェアトップの貝印株式会社(以下、貝印)は、貝印オリジナルの研ぎ構造で、まるでおろしたての包丁のような本格的な切れ味を実現できる電動包丁研ぎ器 KaiHouse 「ザ・シャープナー」を、2015年9月25日(金)より自社ECサイトを皮切りに、全国百貨店、スーパーマーケット、量販店、ホームセンターなどで販売いたします。

   本商品はこれまでご家庭用の研ぎアイテムでは実現できなかった、刃先に対して横方向で研ぐことと、研ぎ直しを継続することで厚くなる刃先を削り落としながら刃先の形状を一定の細さに保つ、という2点を両立。これにより、包丁の鋭い切れ味をよみがえらせ、切れ味が持続する画期的な包丁研ぎ器です。

   これまで「研いだ後は切れ味が戻ったのに、すぐに切れなくなる」「切れ味が持続しない」「一定の角度で研げない」など、「研ぎ」に対するお客様のご不満・お悩みの声にお応えし開発されました。

   研ぎ器本体を手で固定する必要のないシリコーンの滑り止めつきなので、片手でハンドルを握り、もう片方の手で刃体を抑えながら包丁を安定させて研ぐことができ、安全にお使いいただけます。また収納性を考えたコンパクトデザインで、キッチンでも邪魔になりません。

   本商品は、失敗せず短時間で包丁研ぎを完了することができ、ご家庭で定期的な本格的メンテナンスを可能にいたします。常にメンテナンスのされた切れ味の良い包丁を使うことで、包丁の寿命が伸び、包丁を使った作業の精度も上げると同時に、食材の旨味を引き出します。(*別紙参考資料URL)

【商品の特徴】
■商品名 :Kai House ザ・シャープナー
■本体サイズ :108×108×110㎜
■砥石サイズ :φ50×30mm (砥石素材:セラミック)
■重さ :540g
■価格 :10,000円(税抜き)
■発売日 :2015年9月25日(金)
■予約 :貝印ECサイトで9月より先行予約を受付中
(http://www.kai-group.com/store/special/kitchen_kaden_2015/)
【製品開発のポイント】
①貝印オリジナルの研ぎ構造
今までの角砥石や簡易砥石では実現できなかった、刃先に対して横方向で研ぐ、かつ、研ぎ直しを継続することで厚くなる刃先を削り落としながら刃先の形状を一定の細さに保つ、という2点を両立することで、包丁の鋭い切れ味をよみがえらせ、切れ味が持続。
②一定の角度を保って研ぐことがでできる構造
砥石下部のスプリング(バネ)機能と刃を設置する場所となるポケット状の包丁ガイドによりいつでも一定の角度で研ぐことができるため、研いだ後の品質が恒常的に安定しており、鋭い切れ味を再現。
③毎日のメンテナンスで使用しやすい仕上げ砥石を設置
包丁を研いだ後にでる「かえり*」や毎日のメンテナンスで落としきることができない食材の脂分を落としやすい仕上げ砥石を設置。
*かえり・・・・研いだ面の反対側に出る金属のまくれ。指で触れるとひっかかりとなる。
④安全性 ・LED搭載
蓋を外した状態では砥石が回転しない安全装置を採用。
本体下部にすべり止め効果の高いシリコーンを採用しているので、研ぎ器をもつ必要がない。そのため、研ぐ際に両手で包丁を持つことができ安定した状態で操作ができる。
スイッチ部に色を認識しやすいLEDライトを搭載しているため、ON/OFFの状態がわかりやすい。
⑤収納性の高いコンパクトなデザイン
収納時のスペースをとらないコンパクトなデザイン
⑥砥石は交換・洗浄可能
砥石は取り外して、水洗いできるため砥石の目詰まりを防ぎます。

■ 本件に関するお問い合わせ先

【報道関係の方】
貝印 PR事務局 (株式会社サニーサイドアップ内) 担当:西林/中川/三沢
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル8F
TEL:03-6894-3200/FAX:03-5413-3050/MAIL:kai-group@ssu.co.jp

【一般の方】
貝印株式会社 お客様相談室
TEL 0120-016-410 (9:00~17:00 ※土・日・祝日を除く)
お問い合わせはこちらから http://www.kai-group.com/support/