KAI

HOME > 新着情報 > プレリリース2009年 > 機能美を追求した英国KOS社の新型替刃式(システムレザー)4枚刃カミソリ 「Azor(エイザー)」を日本で発売開始

新着情報

プレスリリース プレスリリース一覧

機能美を追求した英国KOS社の新型替刃式(システムレザー)4枚刃カミソリ
「Azor(エイザー)」を日本で発売開始

2009年06月10日
貝印株式会社

No.56061039

    貝印株式会社では、英国のカミソリおよびシェービング用品メーカーのKOS社(The King of Shaves Company Ltd. 本社:チェシャム 社長:ウィル・キング)が、「ハンドル」部、「首振り機構」部、「替刃固定」部の3つの部分を一体成型して開発した、これまでにない斬新なデザインとヒゲ剃り機能を徹底追求した替刃式(システムレザー)4枚刃カミソリ「Azor(エイザー)」シリーズのホルダー2アイテム、替刃4個入り、替刃8個入りを、7月下旬より日本国内のドラッグストアを通じ販売することになりました。

    今回発売する4枚刃カミソリ「Azor (エイザー)」は、貝印からカミソリ刃体の供給を受け、2008年6月より英国内で同社ブランド「KING OF SHAVES(キング・オブ・シェーブ)」の「Azor (エイザー)」シリーズとして発売しているもので、発売後10ヶ月で英国シェービング市場の約10%のシェアを獲得するヒット商品になっています。

    現在システムレザーは、「剃る」機能の他に「もみあげ」の揃えや、鼻毛カット用のトリマー機能を搭載した機種をはじめ、首振り機構の複雑化、またデザイン面でも金属製の重厚感ある機種など多様化していますが、その反面、構成部品が多く、故障リスクが高まるといった面も持っています。

   発売する「Azor (エイザー)」は、ヒゲを剃るカミソリ本来の機能に絞り込み、複雑な機能を取り除くことでパーツを減らし、故障リスクを下げ長期間使用できるようにした新しいコンセプトのカミソリです。
    構造は、「ハンドル」部、「首振り機構」部、「替刃固定」部の3つの部分をプラスチックと柔軟性の高いエラストマー樹脂の2素材を使って一体成型し、その他の細かなパーツを一切なくしました。特に首振り部は、一般的なシステムレザーではおよそ10個程度のパーツで構成されていますが、本機種の場合は、柔軟性の高いエラストマー樹脂を「ハンドル」部と「替刃固定」部のヒンジ(継ぎ目)材として一体成型し、しなやかな上下動を実現しています。これにより、替刃を二つの支点で支える従来のシステムカミソリの首振り機構に比べ、首振り部の磨耗やぐらつきがありません。
    「替刃固定」部は、フィン状のエラストマー樹脂バンパーが一体成型されており、ヒゲ剃りの際にヒゲを立たせます。
   「ハンドル」部は、表裏にエラストマー樹脂が一体成型され、すべり止め効果を高めます。
   刃は、切断抵抗を軽減した貝印独自の超・硬刃技術「PINK(ピンク)」を採用しています。
   デザインは、複雑なパーツをなくすことで機能美を表現したシンプルなフォルムで、カラーはホワイトとブラックの2タイプを用意しています。

■ 商品名/価格

    Azor ホルダー(ブラック) 1,200円(税込1,260円)
    Azor ホルダー(ホワイト) 1,200円(税込1,260円)
    Azor 替刃4個入り     1,000円(税込1,050円)
    Azor 替刃8個入り     1,800円(税込1,890円)

■初年度販売目標 2億円(小売売価ベース)
※カミソリ、シェービングオイルなどを含む「Azor (エイザー)」シリーズ全体の金額

■ 本件に関するお問い合わせ先

【報道関係の方】
貝印株式会社 広報室
〒101-8586 東京都千代田区岩本町3-9-5
TEL 03-3862-6414

【一般の方】
貝印株式会社 お客様相談室
TEL 0120-016-410 (9:00~12:00/13:00~17:00 ※土・日・祝日を除く)
お問い合わせはこちらから http://www.kai-group.com/support/