KAI

HOME > 新着情報 > プレリリース2009年 > 野﨑洋光の調理器シリーズから 1~2人分の漬け物が簡単に作れる「かんたん漬け物ポット」を発売

新着情報

プレスリリース プレスリリース一覧

野﨑洋光の調理器シリーズから
1~2人分の漬け物が簡単に作れる「かんたん漬け物ポット」を発売

2009年06月10日
貝印株式会社

No.56061038

    貝印株式会社では、料理家の野﨑洋光氏と共同開発の「野﨑洋光の調理器シリーズ」で新たに、1~2人分と少量の漬け物が手軽に作れる「野﨑洋光 かんたん漬け物ポット」を開発、今春より百貨店などを通じて全国で発売しています。

    今回発売の商品は有田焼の磁器製品で、直径約9.7cm、深さ約9.7cmの入れ物に重石(磁器製)と蓋をセットにした、冷蔵庫内でも場所をとらない小サイズです。付属の重石は、ポットに入る食材の量に対し適度な重みが得られるよう考慮した約269gで、野菜の水分を早く抜くことができるなど浸透圧を促進します。また、磁器製のため電子レンジ対応の容器としても使用可能で、少量の野菜などを直接入れ素早く調理することができるほか、気品のある有田焼なのでそのまま食卓に出すこともできます。

    野﨑洋光氏と共同開発した調理器シリーズは、野﨑氏が提唱する「安心・安全な食材で料理する」、「食材を無駄にしない工夫」、「健康的な食生活を目指す」といった考え方に基づいて開発したもので、2003年8月に発売して以来ロングヒットを続ける「野﨑洋光のだしポット」をはじめ、おろし器やすり鉢セットなどを展開しています。

■ 商品名/価格

    「野﨑洋光 かんたん漬け物ポット」 3,500円(税込3,675円)

野﨑洋光氏プロフィール
    1953年生まれ。福島県出身。武蔵野栄養専門学校卒業。
    ふぐ料理で有名な「とく山」の料理長を務め、1989年東京・西麻布「分とく山」の総料理長となる。料理を理論で捉える独特の手法と素材の持ち味を活かした調理法で、次々に新しい料理を生み出している。「だしポット」を始め、数々の「くらしの料理器」の発案と監修を行う。丁寧な料理指導が好評で、テレビ・雑誌・新聞等でジャンルを問わず幅広く活躍中。
 

■ 本件に関するお問い合わせ先

【報道関係の方】
貝印株式会社 広報室
〒101-8586 東京都千代田区岩本町3-9-5
TEL 03-3862-6414

【一般の方】
貝印株式会社 お客様相談室
TEL 0120-016-410 (9:00~12:00/13:00~17:00 ※土・日・祝日を除く)