KAIグローバルサイト

ホーム > KAIグループについて > 環境方針と2030年に向けたアクション

環境方針と2030年に向けたアクション

環境方針

KAIグループは、持続可能な経営に対するKAIグループ指針に基づき、
環境影響の最小化、製品価値の提案力拡大の2つをテーマにバリューチェーン構築を進めていきます。

  1. 1.責任ある調達
    持続可能な調達を推進することで、環境に影響を与える負荷の低減はもちろん、
    適正で誠実な取引慣行の推進を含めた社会的責任を果たします。
  2. 2.省資源と再資源化
    各事業所における省資源、省エネルギー活動のさらなる推進と
    廃棄物の削減、分別の徹底によるリサイクルを重点課題として取り組みます。
  3. 3.製品の環境負荷低減
    製品開発においては、材料から廃棄に至る商品のライフサイクルで発生する
    環境への影響を配慮した開発プロセスを優先します。
  4. 4.温室効果ガス削減
    気候変動問題を地球規模の深刻な課題と認識し、
    カーボンニュートラル実現のための長期的な視野に立った計画を立案し、
    温室効果ガス削減に取り組みます。
  5. 5.公開と周知啓蒙
    環境への影響、配慮に関わる事項については積極的に公開し、
    当社ならびにパートナーとともに、最大限の努力を継続的に行います。

温室効果ガス排出削減に向けた目標設定

温室効果ガス(GHG)削減については、国内事業所から取り組みを開始。
2019年度比で40%の削減を目標として設定しました。